学友会員の活躍

公演・展覧会情報

當る亥歳 吉例顔見世大歌舞伎

クリックで拡大画像を開きます

日時 2018年11月1日(木)初日 ~ 25日(日)千穐楽
会場

京都四條 南座

京都市東山区四条通大和大路西入る中之町 198
観劇料 1等席・25,000円
2等席A・12,000円
2等席B・10,000円
3等席・8,000円
4等席・6,000円
特別席・27,000円
チケット予約 チケットホン松竹 TEL:0570-000-489 または06-6530-0333

チケットWeb松竹

南座新開場記念、高麗屋三代の襲名披露公演に市川高麗蔵さんこと神辺晃さん(高等部1976年卒)が出演されます。
昼の部は「毛抜」の秦民部、夜の部では「勧進帳」の片岡八郎を勤められます。
新開場となります南座で、襲名披露公演とあり、師走の顔見世同様、華やかな顔ぶれ、見応えの有る演目が揃っております。
皆様どうぞお誘いの上、ご観劇ください。

能を知る会鎌倉公演 -恋之舞-

クリックで拡大画像を開きます

日時 2018年10月23日(火)昼の部14:00
会場

鎌倉能舞台

神奈川県鎌倉市長谷3-5-13(江の島電鉄「長谷駅」より徒歩7分)
入場料 5,500円(プラス1,000円でお好きなお席の指定ができます)
チケット申し込み

お申込み・お問い合わせは鎌倉能舞台まで。
電話 0467-22-5557
◎鎌倉能舞台へ
◎イープラスへ(午後の部)

観世流シテ方・中森貫太さん(高等部1979年卒)の舞台のご案内です
今回の公演は「和歌」の名手・在原業平が旅先で詠んだ「唐衣 着つつ馴れにし 妻しあれば 遙々来ぬる 旅をしぞ思ふ」の名歌が主題の美しい三番目鬘物「杜若(かきつばた」を「恋之舞(こいのまい)」の特殊演出にてご覧頂きます。
伊勢物語をもとに優雅で変化の多い舞である【恋之舞】を組み込んだ「杜若」、人間と蚊が相撲を取るというなんとも滑稽な狂言「蚊相撲」をお楽しみ下さい。
能には現代語と英文での字幕もあり、どなたでも能楽をお楽しみ頂ける公演です。
◆演目
・解説 「能面」 中森 貫太
・狂言 「蚊相撲(かずもう)」 高野 和憲
・能 「杜若 恋之舞(かきつばた こいのまい)」 中森 貫太
・質疑応答 中森 貫太


詳しい番組はこちら

能を知る会東京公演 -頼政の生涯-

クリックで拡大画像を開きます

日時 2018年10月21日(日)14:00
会場

国立能楽堂

東京都渋谷区千駄ヶ谷4-18-1(JR千駄ヶ谷駅下車徒歩5分)
入場料 正面自由席8,000円/脇中自由席6,000円(プラス1,000円でお好きなお席の指定ができます)
チケット申し込み

お申込み・お問い合わせは鎌倉能舞台まで。
電話 0467-22-5557
◎鎌倉能舞台へ
◎イープラスへ

観世流シテ方・中森貫太さん(高等部1979年卒)の舞台のご案内です
今回の公演は武将「源頼政」を取り上げた企画公演です 。
平家全盛の世に和歌の才で三位の位まで出世しながら、最後に平家との戦「宇治川の合戦」にて討ち死にした頼政の最期を描いた「仕舞 頼政」。 そしてそれを狂言としてパロディー化した「狂言小舞 通円」を観世喜正さん・野村萬斎さんが演じます。 能は「頼政の鵺退治」の物語「鵺(ぬえ)」を字幕入りで中森貫太さんが演じます。 そして狂言は人間国宝・野村万作さんによる「簸屑(ひくず)」と変化の多い初心者にもお楽しみ頂ける公演です。
◆演目
・解説 「埋もれ木の花 ~ 頼政の生涯 ~」 葛西聖司
・仕舞 「頼政」 観世 喜正
・狂言小舞「円通」野村 萬斎
・狂言 「簸屑」 野村 万作
・能 「鵺」 中森 貫太
・質疑応答 中森 貫太


詳しい番組はこちら

井上 祐希ー今、現時展

クリックで拡大画像を開きます

日時 2018年10月17日(水)~23日(火)10:30~20:00(最終日は18:00閉場)
※作家来場予定日10月17日(水)~21日(日)・23日(火)13:00~17:00
会場

銀座三越7階ギャラリー
東京都中央区銀座4-6-16
TEL:03-3562-1111

作家紹介 井上 祐希さん(芸術学部ビジュアル・アーツ学科2011年卒業)

”究極の白磁美”と称される人間国宝の井上萬二氏を祖父にもつ井上 祐希さんが、白磁の技を受け継ぎながら新たな表現で創り出された作品をご紹介します。
ぜひお出かけください。

アウローラ・アンサンブル

クリックで拡大画像を開きます

日時 10月11日(木) 19:00 開演 ( 18:30 開場 )
会場

豊洲シビックセンターホール(5F)

東京都江東区豊洲2-2-18
Tel:03-3536-5061
チケット 一般2,000円  高校生以下1,000円
※全席自由・親子室有
チケット予約 チケットぴあ TEL:0570-02-9999

パソコンから

堤 ゆり(高等部1980年卒)さんから演奏会「アウローラ・アンサンブル」のお知らせです。

「ドイツロマン派の調べ」
ドイツロマン派を代表する3人の作曲家、メンデルスゾーン、ブラームス、シューマンの作品を取り上げます。
~プログラム~
メンデルスゾーン:弦楽四重奏曲 二長調 op.44-1
ブラームス:ホルン三重奏曲 変ホ長調 op.40
シューマン:ピアノ五重奏曲 変ホ長調 op.44
皆様ぜひお出かけください。

瀧口喜兵爾 茶陶展

クリックで拡大画像を開きます

日時

2018年10月11日(木)~17日(水)
10:00~20:00(最終日は16:00閉場)

会場

京王百貨店 新宿店6階 京王ギャラリー

東京都新宿区西新宿1-1-4
TEL:03(3342)2111

瀧口喜兵爾さんこと瀧口喜久雄さん(農学部農学科1960年卒)の茶陶展のご案内です。

4月に可児市重要無形文化財に認定、京都古田織部美術館より織部賞を受賞されました。
この機会にぜひご覧ください。

第39回 松崎 健  陶芸展

クリックで拡大画像を開きます

日時 2018年10月10日(水)~16日(火)
会場

阪急うめだ本店7階 美術画廊
大阪市北区角田町8-7
TEL:06-6361-1381

作家紹介 松崎 健さん(文学部芸術学科美術専攻1972年卒業)

松崎 健さんの陶芸展が催されます。
英国をはじめ諸外国の作家との交流の中から生まれた「陶塊石」と名付けられた新シリーズ。荒々しく引き千切られた陶肌に力強い生命力と研ぎ澄まされた造形美が宿ります。
ぜひお出かけください。

ミュージカル 生きるIKIRU

クリックで拡大画像を開きます

日時 2018年10月8日(月・祝) ~ 28日(日)
会場

TBS赤坂


東京都千代田区有楽町1-1-1
TEL:03-3503-3111 FAX:03-3501-6816
観劇料 S席:13,000円
A席:8,000円
B席:4,000円
チケット予約
電話予約:東宝テレザーブ
03-3201-7777(営業時間 9:30~17:30)
※チケットは、お近くのセブン-イレブン、ゆうパックでもお引取りいただけます。
※枚数制限:前売開始日は3公演以内6枚までとさせていただきます。(千穐楽は2枚まで)

◆ チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:436-391)
◆ e+(イープラス)0570-06-9913(10:00~18:00)
◆ ローソンチケット 0570-000-407(Lコード:39995)
◆ CNプレイガイド 0570-08-9999(オペレーター対応)
◆JTBエンタテインメントチケット(JTB各店店舗販売)S席のみ販売
◆グループ観劇(6名様以上) 03-3216-2008
日生劇場・帝国劇場窓口でも販売いたしております
(窓口お取り置き席はございません)

電話予約・プレイガイドのご案内はこちらから

演出家・宮本亜門さん(高等76)が上演台本・監督を務めた舞台です。
シェークスピア生誕450周年のラストを飾る、見ているだけで幸せになるミュージカル!
特に今回はフラッシュモブ(!)やtwitter(!?)を取り入れた、何とも斬新でパンチの効いた舞台になっています。
迫力の歌と生音楽、お芝居。ぜひお出かけください。


        市村正親


新しいタブで大きく表示

        加賀丈志


新しいタブで大きく表示

能を知る会鎌倉公演 -戒めの能-

クリックで拡大画像を開きます

日時 2018年10月6日(土)朝の部10:00/昼の部14:00 
会場

鎌倉能舞台

神奈川県鎌倉市長谷3-5-13(江の島電鉄「長谷駅」より徒歩7分)
入場料 5,500円(プラス1,000円でお好きなお席の指定ができます)
チケット申し込み

お申込み・お問い合わせは鎌倉能舞台まで。
電話 0467-22-5557
◎鎌倉能舞台へ
◎イープラスへ(午前の部)
◎イープラスへ(午後の部)

観世流シテ方・中森貫太さん(高等部1979年卒)の舞台のご案内です
今回の公演は「戒め(いましめ)」をテーマの公演です。
小野小町に思いを寄せ、百日通えば契るとの言葉を信じ九十九日目に狂死した深草少々の怨念により成仏できない戒めを描く「通小町」と和歌を詠んだために遅刻し、戒めとして縛り上げられた男を救う熊野権現に仕える巫女を主役とする「巻絹」。
何れもストーリー性に富み面白い演目です。
またその能にリンクした狂言「墨塗(朝の部)」「茶壺(昼の部)」を野村萬斎さんが勤めます。
能には想像力を豊かにする字幕もあり、初めて能をご覧になる方にもお薦めの公演です。

(朝の部)10時始め
・解説 中森 貫太
・狂言 「墨塗」 野村萬斎
・能 「通小町」 中森 貫太
・質疑応答 中森 貫太

(昼の部)14時始め
・解説 中森 貫太
・狂言 「茶壺」 野村萬斎
・能 「巻絹」 中森健之介
・質疑応答 中森 貫太


詳しい番組はこちら

HOT一息コンサート

クリックで拡大画像を開きます

日時 10月6日(土)
1st stage 11:00(10:40 open)
2st stage 15:00(14:40 open)
会場

アトリエ ミセラニアス

東京都町田市玉川学園5-27-5
Tel:042-726-4246
※会場には駐車場はございませんので、、恐れ入りますが徒歩でお越しください。
チケット 2,000円  
※各stage 35名まで
※お茶付き
お問い合わせ&チケット予約 アトリエ ミセラニアス tel:042-726-4246

フルート奏者 遠藤 まりさん(高等部1987年卒)からコンサート「HOT一息コンサートVol.23」のお知らせです。

エコ素材で出来た吹き抜けのギャラリーでトークを交えた聴き馴染みの曲とクラシックでホッと一息HOTな気分に浸りませんか?
プログラムは聴き馴染みの曲達やフランス人ギオーのお洒落な曲、更には秋の曲を題材にした楽しいデュオや華やかなクラシックまで多彩にお届けする予定です。
皆様ぜひお出かけください。

第9回 ダボ・石﨑展

クリックで拡大画像を開きます

日時

2018年9月17日(月)~9月22日(土)
10:00~20:00

会場 NYC EVENT SPACES
4west 43rd St. Off 5th Ave.

ダボ・石﨑さんこと有限会社イポナコロジー代表取締役石﨑英夫さん(農学部農学科1965年卒)がニューヨークにて個展を開かれます。
お近くにお住いの方がいらっしゃいましたらぜひお出かけください。

石﨑さんホームページ

椿 敏幸陶展

クリックで拡大画像を開きます

日時

2018年9月17日(月)~9月23日(日)
11:00~19:00

会場 美善
渋谷区恵比寿西1-17-13 tel 03-6455-0480

芸術学部芸術教育学科 椿 敏幸教授(文学部芸術専攻科1993年卒)の陶展のお知らせです。
今回の展示では従来の継接手技法の仕事に加え、ロクロ制作した食器類も多く展示する予定です。
ぜひお出かけください。

KURURI

クリックで拡大画像を開きます

日時 2018年9月14日(金)19:00
      15日(土)14:00 / 17:30(開場は開演の30分前) 
場所

東京ウィメンズプラザ(表参道)

東京都渋谷区神宮前5丁目53−67
TEL: 03-5467-1711
チケット料金 一般前売 3,800円(当日4,300円)
学生前売 3,300円(当日3,800円 )当日要学生証呈示

※全席自由
※未就学児の入場はご遠慮ください
チケット チケット購入はこちらから

 七代目杵屋佐吉の次男の佐喜(武藤文彦・文学部芸術学科芸術表現コース2005年卒)さんが、身体と音楽、映像がリアルタイムに交差するパフォーマンス『SURU-折衷- 』をフランス3 都市で上演したプロジェクトチームが送る第二作、Tarinof dance company × Mobilis-Immobilis 最新作品『K U R U R I』に出演されます。今回は新たに邦楽・長唄の「声」を取り入れて、有機的に関わりあいながら濃密な時空を創出します。
 佐喜さんは、現在、唄方として国内外の演奏会、歌舞伎公演、日本舞踊会、テレビ、ラジオ等に出演多数。また全国各地でのワークショップや、一般社団法人長唄協会の委員として教科書の作製に携わるなど、邦楽の普及活動にも積極的に取り組んでいらっしゃいます。

グループ展 ユズリハ

クリックで拡大画像を開きます

日時 9月12日(水)~16日(日) 10:00 ~ 18:00(最終日16:00まで) 
 ※ 入場17:30まで
会場

東京都世田谷区成城2-22-17

清川泰次記念ギャラリー内 区民ギャラリー

 

    作る・造る・つくる・創る

       49年前 玉川学園高等部美術室で出遭った仲間たちと共に
              ”今日も元気にユズリハ”
            グループ展 ユズリハ vol.2
     今年も仲間が集まりました 新しい仲間も増えました 次はあなたも!

=出展者=
敬称略
阿部順子(文学部芸術学科美術専攻1976年卒)
阿部真由美(文学部芸術学科美術専攻1976年卒)
井戸京子(女子短期大学保育科1974年卒)
小林一夫(高等部1972年卒)
小島真知子(女子短期大学教養科1974年卒)
白井妙子(文学部芸術学科美術専攻1976年卒)
杉山郁子(文学部外国語学科1976年卒)
鈴木登(高等部1972年卒)
寺本宏一(文学部芸術学科美術専攻1977年卒)
本多久美子(文学部英米文学科1976年卒)
吉成幹雄(高等部1972年卒)

襲名記念 ふたつの人生展 十一代 大樋長左衛門

クリックで拡大画像を開きます

日時 2018年9月11日(火)~9月17日(月・祝)
10:00~20:00(最終日16:00まで)
会場

福岡三越 九階 岩田屋三越美術画廊 
福岡市中央区天神2-1-1
TEL: 092-724-3111(代表)

作家紹介 大樋長左衛門(大樋 年雄さん:文学部芸術学科美術専攻1981年卒業)

 十一代大樋長左衛門として襲名して二年、あらためて私は生かされていることを実感しています。

時にどんなに疲れても、都度に自らを奮い立たせながら、しかし、私の心には常に悩みと挫折感も同居していて、自問自答を繰り返す人生でもありました。

そんな自分が還暦を迎えました。
人生は一度しかないとするなら、限りない「伝統」と未知の「現代」
ふたつの人生を二刀流で生かされてみたいと思います。

(挨拶文より一部抜粋させていただきました)

再興第103回院展

クリックで拡大画像を開きます

日時

2018年9月1日(土)~9月17日(月)
9:30~16:30(17日は12:00までの入場、13:00閉場)

会場

東京都美術館(上野公園)
東京都台東区上野公園8-36
TEL:03-3823-6921

入場料 一般900円 /70才以上は700円/ 大学生以下無料

 卒業生の榎本時子(文学部芸術学科1982年卒)さん、日本画家 石村雅幸(文学部芸術学科1988年卒)さん、杉山紅(文学部芸術専攻科1996年卒)さんが再興第103回院展に出展されます。

榎本さんの作品題名「パレードへ」
石村さんの作品題名「摑む」
杉山さんの作品題名「秋日和」

皆様、ぜひ足をお運びください。


石村さんは、公益財団法人日本美術院特待 茨城県展委員・審査員 茨城美術会副会長 現代茨城作家美術展実行委員 雅幸画房日本画教室主宰等、多方面でご活躍されています。
また、茨城県の利根町(羽根野880-138)にあるご自身の画室で「雅幸画房」と言う小人数制の日本画教室をされています。生徒さんは随時募集中です。
お問い合わせは、電話0297-68-8074、もしくはメールアドレスishimura@artive.com まで。

遠藤裕人・遠藤愛 二人展「砥部・白磁 と色釉のうつわ」

クリックで拡大画像を開きます

 会 期  2018年9月5日(水)~11日(火)
10:00~20:00(7日(金)・8日(土)は20:30まで、最終日は17:00閉場)
 会 場 

新宿タカシマヤ

東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 TEL:03-5361-1111

遠藤裕人さん(文学部芸術学科1981年卒業)、愛さんの作品展です。
会期中、全日在場されるそうです。

 力強さと繊細さを持ち合わせる「砥部・磁土」でつくる、シンプルモダンな作品は、さり気なく暮らしに寄り添いリビングや食卓で美しい景色をつくりだします。
ご高覧頂けますと幸いです。

たまがわ ドリームバンド2018

クリックで拡大画像を開きます

日時

2018年9月1日(土)
開演14:00(開場13:30)

会場

町田市民ホール

入場無料

玉川学園で吹奏楽に親しんだ卒業生による楽団です。
田中旭先生(元女子短期大学教授)、三浦 博司(文学部教育学科1972年卒)さんが指揮をされます。

曲名 第1部
    EXULTATION
    戸外のための序曲
    エルカミーノレアル

    第2部
    三丁目の夕日
    タイムトゥセイグッバイ
    想い出のサンフランシスコ
    アラジン(JOHN MOSSアレンジ版)
    パイレーツオブカリビアン(TED RICKETTSアレンジのサントラハイライツ版)
    ウエストサイドストーリーセレクション(アレンジ W.J.Duhoit)



皆さま、ぜひ足をお運びください。

辻 厚成 展ー土を愛し70年ー

クリックで拡大画像を開きます

日時

2018年8月30日(木)~9月18日(火)
11:00~19:00(水曜定休)

会場 カッシーナ・イクスシー青山本店
東京都港区南青山2-12-14 ユニマット青山ビル1、2、3F

東京陶芸家 辻 厚成さん(高等部1961年卒)の作陶70年を記念し特別展示が開催されます。
ぜひお出かけください。

プロフィール
 1942(昭和17)年、東京生まれ。和光学園、玉川学園、メキシコ国立サンカルロス美術大学に学ぶ。9歳で光風会へ特別出品。12歳で自らの窯を持ち、中央公論社画廊で初の個展開催。以降、数多くの個展を開催する傍ら、クルマやファッションなどの分野でコメンテーターを務め、独自のライフスタイルを発信。陶芸では、個性的な厚成紅(こうせいあか)を用いた伸びやかな作品を中心に新たな陶芸の可能性を求めて活動中。

布博 in 東京 -vol.11-

クリックで拡大画像を開きます

日時 「刺繍に恋をする週末」
2018年8月24日(金)~23日(日)

「ハンカチに恋をする週末」
2018年8月31日(金)~9月2日(日)

金曜・土曜日 10:00〜18:30
日曜日 10:00〜18:00
会場

町田パリオ3F・4F・5Fイベントスペース
東京都町田市森野1-15-13

入場料 500円(小学生以下無料)

まほろ座オーナーの中村 惠さん(文学部英米文学科73年卒)より『布博 in 東京 vol.11』のご案内です。
糸と布とに彩られ、ときめきに満ちた物語の中へ
あなたも旅に出てみませんか?

布博公式ホームページ