学友会員の活躍

中森貫太さんより(高等部1979年卒)

鎌倉能舞台では文化庁事業の「文化芸術による子供の育成事業-巡回公演事業」を承っておりまして、年間5000人の生徒に、学校体育館で能楽を観て貰っております。
平成31年度もお陰さまで上記公演を承ることができ、鎌倉能舞台 中森貫太が巡回する地域が、神奈川県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県 となりました。
ぜひこの機会に、玉川大学卒業生さまが教師として赴任されていらっしゃる 神奈川県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県 内の学校さんにもたくさん参加していただきたいと願っています。
学校の負担金はゼロで、プロの能楽師が学校に伺い、体育館で能の公演をするという、とても有意義な事業です。

鎌倉能舞台が行ってきている巡回公演の様子は、鎌倉能舞台ブログにアップしております。
http://blog.canpan.info/nohbutai/category_7/1

能楽師が学校体育館へ伺い、簡易能舞台セットで能舞台を作り、狂言「柿山伏」と能「小鍛冶」を生徒さんに見て貰う、という事業です。
出演料、舞台料等の学校の負担金は全くありません。
簡易能舞台セットも30分くらいで能楽師とスタッフが設営しますので、学校の先生は体育館を提供いただくだけ何もしていただかなくて大丈夫です。
平成31年度の学校募集が12月13日より始まりました。締切が1月18日となっています。(文化庁必着。各学校→市町村の教育委員会取りまとめ→県の教育委員会取りまとめて、文化庁へ提出)
たくさんの学校さんがこの事業を知り、また、応募してくださることを願っています。

一覧へ戻る