学友会員の活躍

公演・展覧会情報

能を知る会鎌倉公演「鶴亀」

クリックで拡大画像を開きます

日時 2020年11月3日(火・祝)13:00
会場

鎌倉能舞台

神奈川県鎌倉市長谷3丁目5−13
入場料 5,800円(税別)
※入場券で、座席の指定の無い、当該席(正面席は正面、中正面・脇正面席はそれぞれ中正面か脇正面)にお座りになれます。
チケット申し込み

お申込み・お問い合わせは鎌倉能舞台まで。
電話 0467-22-5557
◎鎌倉能舞台へ

 観世流シテ方・中森貫太さん(高等部1979年卒)の舞台のご案内です

【あらすじ】
 新春に唐の朝廷において四季の節会の事始めが催され、天子(玄宗皇帝と言われる)が万民からの拝賀を受ける。その後吉例によって鶴亀の舞楽が奏され、天子も自ら舞い遊び長正殿に還御する。

DESIGNART TOKYO 2020

クリックで拡大画像を開きます

日時 2020年10月23日(金)~11月3日(火・祝)
11:00~20:00
場所

トリーバーチ銀座店

東京都中央区銀座 4-3-11

デザイナート トーキョーは、日本を中心としたクリエイティブ産業の活性化と、若手デザイナー・アーティストの後押しを目的としたデザインとアートの祭典です。表参道、六本木、銀座など東京各所に出展作家の作品が展示されます。
トリーバーチ銀座店では、日本画家の村上(後藤)里沙さん(高等部1989年卒業)とニューヨーク発のライフスタイルブランドであるトリーバーチによるコラボレーション作品が展示されます。
ぜひお出かけください。


DESIGNART TOKYO 2020 公式サイト

村上里沙 公式インスタグラム

能を知る会鎌倉公演「籠太鼓(ろうだいこ)」

クリックで拡大画像を開きます

日時 2020年10月21日(水)10:00
会場

鎌倉能舞台

神奈川県鎌倉市長谷3丁目5−13
入場料 5,800円(税別)
※入場券で、座席の指定の無い、当該席(正面席は正面、中正面・脇正面席はそれぞれ中正面か脇正面)にお座りになれます。
チケット申し込み

お申込み・お問い合わせは鎌倉能舞台まで。
電話 0467-22-5557
◎鎌倉能舞台へ

 観世流シテ方・中森貫太さん(高等部1979年卒)の舞台のご案内です

【あらすじ】
 口論から人を殺した清次に牢屋から逃げられた九州松浦の何某は、妻を代わりに牢に入れる。女は牢の中で狂気し、驚いた何某は牢から出そうとするが、女は愛する夫の代わりなのだから出ないと居座る。
その心に感じて夫を許すと女は牢から出て、掛けてあった時守の鼓を打って気を紛らわすうちに再び狂気となり、夫に恋い焦がれて牢に閉じこもる。
 何某は一層感動して夫婦の赦免を神妙に誓うと女は夫の居所を教えてやがて末睦ましく暮らす。
 異色の狂女物です。

シネマ歌舞伎『月光露針路日本 風雲児たち』
(つきあかりめざすふるさと ふううんじたち)

クリックで拡大画像を開きます

日時 2020年10月2日(金)~全国公開
劇場 東劇・新宿ピカデリーほか全国公開
鑑賞券

一般 2,200円
学生・小人  1,500円
特別鑑賞券 1,900円【販売期間:2020年6月19日(金)~2020年10月1日(木)】

市川高麗蔵こと 神辺晃さん(高等部1976年卒)が出演されている、三谷幸喜 作・演出の新作歌舞伎が公開されます。

あらすじ
鎖国によって外国との交流が厳しく制限される江戸時代後期。
大黒屋の息子光太夫は、商船神昌丸の船頭(ふながしら)として伊勢を出帆します。
しかし江戸に向かう途中で激しい嵐に見舞われて帆は折れ、大海原を漂流することになるのでした。
海をさまよう神昌丸には17人の乗組員たち。
船頭の光太夫、経験豊富な船親司(ふなおやじ)三五郎、最年長の乗組員九右衛門、喧嘩ばかりの水主(かこ)庄蔵と新蔵、どこか抜けている小市、三五郎の息子の青年磯吉...。
光太夫はくじけそうになる乗組員を必死で奮い立たせ、再び故郷の伊勢へ戻るため方角もわからない海の上で陸地を探し求めます。

漂流を始めて8カ月─。
神昌丸はようやく発見した陸地に上陸します。ところがそこは日本ではなく、なんとロシア領のアリューシャン列島アムチトカ島。
異国の言葉と文化に戸惑いながらも、島での生活を始める光太夫たち。厳しい暮らしの中で次々と仲間を失いますが、光太夫らは力を合わせ、日本への帰国の許しを得るため、ロシアの大地を奥へ奥へと進みます。
異国から来た日本人である光太夫たちに対して、親切なキリル・ラックスマンをはじめ、行く先々でさまざまな人の助けを得て、ようやく光太夫はサンクトペテルブルグにて、女帝エカテリーナに謁見することが叶い...。

どうぞお出かけください。

十月大歌舞伎

クリックで拡大画像を開きます

日時 2020年10月2日(金)初日 ~ 27日(火)千穐楽
《休演》8日(木)・19日(月)
会場

歌舞伎座

東京都中央区銀座4-12-15
観劇料 1等席・8,000円
2等席・5,000円
3階席・3,000円
チケット予約 ♦チケットホン松竹 TEL:0570-000-489または03-6745-0888
チケットWeb松竹

 歌舞伎座にて市川高麗蔵さんこと 神辺晃さん(高等部1976年卒)が十月大歌舞伎 第2部(1時30分開演)「双蝶々曲輪日記(ふたつちょうちょうくるわにっき)・角力場」の遊女・吾妻を演じられます。
吾妻は、横綱級の相撲取り濡髪を贔屓にする山崎屋の若旦那与五郎の恋人です。一方、素人相撲で名を挙げた方駒を贔屓にする侍と与五郎の間で吾妻の身請けをめぐり争いが起こり、やがて事件へと発展し「引窓」へと繋がっていきます。「角力場」は事件が起こる前のお話です。
 みなさまぜひお出かけください。 

室内楽ライヴコンサート
~音楽の贈り物 Gift of Music ~

クリックで拡大画像を開きます

日時 2020年9月30日(水)20:00~21:00
URL

YouTubeへのアクセスは、こちらから

東京フィルハーモニー交響楽団コントラバス奏者で芸術学部パフォーミング・アーツ学科非常勤講師の遠藤柊一郎さん(文学部芸術学科音楽専攻1992年卒業)が、「オンラインで聴く!室内楽ライヴコンサート」に出演されます。
YouTubeでの動画配信です。
曲目はシューベルト:ピアノ五重奏曲「ます(鱒)」。
歌曲として先行して作曲された作品ではありますが、そのテーマを転用した名曲を弾かれるそうです。
何も知らない鱒が、手練れの釣り人に釣られてしまうのを見ている第三者の目線が歌詞として綴られているものを、器楽で奏でます(第4楽章が「ます」の歌曲をモチーフにした変奏曲)。

映画『窓から飛び出せ』

日時 2020年9月
26日(土)18:30〜
27日(日)14:25〜
28日(月)17:20〜
29日(火)11:00〜
30日(水)12:45〜
10月
2日(金)20:20~
場所

シネマヴェーラ渋谷

東京都渋谷区円山町1-5KINOHAUS(キノハウス)4F
TEL:03-3666-1036

昭和25年、新東宝製作作品、玉川の丘を舞台に撮影された映画『窓から飛び出せ』が上記日程で再上映されます。
70年前の礼拝堂や聖山の他、当時の塾生のクリスマスキャロルなどの場面も映し出されます。
ぜひご覧ください。

玉川豆知識 No.93

能を知る会東京公演「土蜘蛛」

クリックで拡大画像を開きます

日時 2020年9月22日(火・祝)14:00
会場

観世能楽堂

東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 地下3階
入場料 正面席8,300円/脇正面・中正面席6,300円(税別)
※入場券で、座席の指定の無い、当該席(正面席は正面、中正面・脇正面席はそれぞれ中正面か脇正面)にお座りになれます。
チケット申し込み

お申込み・お問い合わせは鎌倉能舞台まで。
電話 0467-22-5557
◎鎌倉能舞台へ

観世流シテ方・中森貫太さん(高等部1979年卒)の舞台のご案内です

【あらすじ】
天下の勇将 源頼光も病には勝てず、病状に伏している。腰元の胡蝶が薬を持って見舞った後、巨大な僧が枕辺に立ち、巣を投げて頼光を縛ろうとする。頼光は枕辺の名刀膝丸を抜いて斬りつけると、僧は消え失せる。物音に駆けつけた家来に頼光は事の次第を語り追い打ちを命じる。
軍勢は血痕をめぐり古塚を掘り起こし、現れた蜘蛛の精と死闘を繰り広げるが、ついに首打ち落とし都に凱旋する。
歌舞伎にも翻案されている、能には珍しい劇的な曲です。

Bridge of the Rainbow 2020

クリックで拡大画像を開きます

日時

2020年9月19日(土)18:00開場(18:30開演)
2020年9月20日(日)13:30開場(14:00開演)

場所

四谷区民ホール
新宿区内藤町87番地 TEL:03-3351-2118

チケット

おとな:6,500円(税込・全席指定)

※両日ライブ配信を予定しています。
視聴チケット料金¥2500円(税込)
配信詳細はHPにて。

チケット予約・問合せ NPO法人児童夢基金

「こんな時だからこそ。。」 そんな思いで開催を決定しました。是非ご支援お願いします!

Bridge of the Rainbow2020~
子供たちの夢が叶いますように~
特定非営利活動法人 児童夢基金主催 東京都新宿区共催

★2020年9月19日(土)
出演 
川平慈英・平澤智、HIDEBOH、ジョンカビラ、早見優
FiveSenses Ballet(篠宮佑一)、村井良大、麻生かほ里、大和田美帆
★2020年9月20日(日)
出演
川平慈英・平澤智、HIDEBOH 、ジョンカビラ、早見優
FiveSenses Ballet(篠宮佑一)、島田歌穂、秋山エリサ


※コロナウィルス感染拡大防止における万全の安全対策を考えております。
HPにて随時更新致しますのでご確認ください。

武田守弘展

クリックで拡大画像を開きます

日時 2020年9月7日(月)~19日(土)
12:00~19:00(最終日 17:00)日曜休廊
●新型コロナウイルスの影響により、レセプション等は自粛させて頂きます。
場所

SPC GALLETY

東京都中央区日本橋兜町9-7SPCビル3F
TEL:03-3666-1036

一陽会会員、(社)日本美術家連盟会員の武田守弘さん(文学部芸術学科美術専攻1978年卒業)の個展が開催されます。
ぜひお出かけください。

再興第105回院展

クリックで拡大画像を開きます

日時

2020年9月1日(火)~9月17日(木)
9:30~16:30(7日は休館日・17日は12:00までの入場、13:00閉場)

会場

東京都美術館(上野公園)
東京都台東区上野公園8-36
TEL:03-3823-6921

入場料 一般900円 /70才以上は700円/ 大学生以下無料

 卒業生の日本画家 石村雅幸(文学部芸術学科1988年卒)さん、杉山紅(文学部芸術専攻科1996年卒)さん、村上里沙(高等部1989年)さんが再興第105回院展に出展されています。

石村さんの作品名「雨ニモ 風ニモ」は秋の本展30回目の入選、杉山さんの作品名「夏の朝」、村上さんの作品名「心閑」が入選をされています。

皆様、ぜひ足をお運びください。


石村さんは、公益財団法人日本美術院特待 茨城県展委員・審査員 茨城美術会副会長 現代茨城作家美術展実行委員 雅幸画房日本画教室主宰等、多方面でご活躍されています。
また、茨城県の利根町(羽根野880-138)にあるご自身の画室で「雅幸画房」と言う小人数制の日本画教室をされています。生徒さんは随時募集中です。
お問い合わせは、電話0297-68-8074、もしくはメールアドレスishimura@artive.com まで。

ただの野球好き

クリックで拡大画像を開きます

日時 2020年8月16日(日)開演 14:00(13:30開場)
場所

横浜にぎわい座 B2Fのげシャーレ(小ホール)

横浜市中区野毛町3丁目110番1号
チケット料金 前売り2,100円 当日券2,600円(全席自由)
※お一人様4枚までの購入制限あり
※未就学児はご遠慮いただいております。
チケット ホームぺージ
※ホームページから購入の場合は会員登録必須(会費無料)
・045-231-2515 チケット専用電話 

東京ヤクルトスワローズファンの落語家 古今亭 駒治こと村本草介さん(文学部芸術学科芸術文化専攻2003年卒)が、横浜DeNAベイスターズファンの三遊亭ときんさんと野球をテーマにした落語会を開催します。
感染症対策の一環で入場者数の制限があり、 思いっきり野球観戦を楽しむことのできない現在だからこそ、 落語で野球も楽しみましょう。

紀尾井町夜話特別編 「紀尾井町家話 第七夜」

クリックで拡大画像を開きます

日時 2020年7月25日(土) 21:00~配信
チケット料 2,000円(税込)
チケット予約 イープラス

市川高麗蔵こと 神辺晃さん(高等部1976年卒)が7月25日(土)21:00よりオンライントークイベントにゲスト出演されます。
イープラス有料視聴チケット制のライブ・ストリーミング・サービス「Streaming+(ストリーミングプラス)」で、尾上松緑さんによる紀尾井町夜話特別編「紀尾井町家話(きおいちょうやわ) 第七夜」が配信され、お芝居の裏話やプライベートでのお話をご覧いただけます。

詳しくはこちらから

玉川っ子Duo

クリックで拡大画像を開きます

日時

2020年7月17日(金)18:00 OPEN 1st:19:20 2nd:20:40
開演時間は変更になる場合もございます。

場所

家庭料理 メシア

チケット

 ¥4,000(テーブルチャージ+御重弁当+1ドリンク付)(税別)

予約 Tel:042-720-2502

同窓生ライブのお知らせです。
教育学科の先輩後輩コンビです!
"メシア"の美味しいお料理と共に、繊細でダイナミックな遠藤征志さんと、ハスキーな低音と、艶やかな高音 飯田久美子さんのライブをお楽しみください。

◎Vo飯田久美子さん(文学部教育学科卒業1983年卒) 飯田久美子オフィシャルウェブサイト


◎P遠藤征志さん(文学部教育学科卒業2001年卒) 遠藤征志オフィシャルウェブサイト

玉川学園同窓生作家による 第30回 FINAL 朔美會展

クリックで拡大画像を開きます

日時 2020年7月15日(水)~27日(月)
11:00~18:00(最終日は16:00まで)
会場

原宿 積雲画廊

渋谷区神宮前1-19-14
TEL:03-3478-0993

1983年にスタートした朔美會展も30回となり、今回をもってファイナルとなります。

新井壽代(文学部芸術学科美術専攻1976年卒業)
一木嘉子(文学部教育学科1992年卒業)
遠藤亮(芸術専攻科2005年卒業)
大森英樹(農学部農学科1977年卒業)
奥山英俊(文学部芸術学科美術専攻1977年卒業)
小野塚康江(文学部芸術学科美術専攻1989年卒業)
加藤裕(文学部芸術学科美術専攻1981年卒業)
金澤弘光(文学部芸術学科美術専攻1975年卒業)
小島ゆかり(文学部芸術学科美術専攻1972年卒業)
小林有美(文学部芸術学科美術専攻1977年卒業)
五味久男(文学部芸術学科美術専攻1975年卒業)
芝田順子(文学部教育学科1969年卒業)
津矢田豊子(文学部芸術学科美術専攻1972年卒業)
出口恵理子(文学部芸術学科美術専攻1972年卒業)
中井麻家子(文学部芸術学科美術専攻1990年卒業)
広瀬 範(芸術専攻科1981年卒業)
宮田一宏(芸術学科ビジュアル・アーツ学科2006年卒業)
夢我克(辻克巳)
  (文学部芸術学科美術専攻1980年卒業)
横山ふさ子(文学部芸術学科美術専攻1974年卒業)
吉本哲(文学部芸術学科美術専攻1989年卒業)
脇裕(文学部芸術学科美術専攻1977年卒業)
廣畑正剛(文学部芸術学科美術専攻1968年卒業)

皆様どうぞご観覧ください。

1時間の小さな演奏会
「歌とピアノのステキな出逢い」メンバーによるライブ配信

クリックで拡大画像を開きます

日時

2020年7月5日(日)11:00~/7月19日(日)11:00~/8月2日(日)15:00~(予定)

YouTubeチャンネル登録 チャンネル登録
ライブ配信されると通知が届きます

須藤 紘史さん(リベラル学部リベラルアーツ学科2009年卒)が企画しているコンサートのご案内です。

当面の間、Youtubeにて無観客でのライブ配信を行います。親子揃ってご自宅だからこそ楽しめる特別プログラムです♪
皆さまぜひお聴きください。

◎7月5日(日)11:00~(予定)「歌とピアノのステキな出逢い」メンバーによるライブ配信
<予定プログラム>
サウンド・オブ・ミュージックより「前奏曲・ドレミの歌」
季節の歌~たなばたさま・きらきら星~
手遊び歌
アンパンマン体操
さんぽ

◎7月19日(日)11:00~(予定)「Bouquet Of Classic 音楽の花束をみなさまに★」アンサンブル・プラムスによるライブ配信
<予定プログラム>
オールクラシックプログラム

◎8月2日(日)15:00~(予定)「楽しい弦楽器の世界」ウッドランドノーツカルテットによるライブ配信

加藤令吉展

クリックで拡大画像を開きます

日時 2020年7月1日(水)~7日(火)
最終日:16:00まで
場所

松坂屋名古屋店 本館8階美術画廊

名古屋市中区栄三丁目16番1号
TEL:052-251-1111

窯業の中心・瀬戸にあって、なかでも開窯から永きにわたり連綿と受け継がれてきた歴史を守る加藤令吉さん(文学部芸術学科1976年卒業)の個展が開催されます。
ぜひお出かけください。

松﨑融 木漆展

クリックで拡大画像を開きます

日時

2020年6月18日(木)~24日(水)

(最終日は16:00まで)

会場

京王百貨店6F 京王ギャラリー
東京都新宿区西新宿1-1-4
TEL:03(3342)2111

作家紹介 松崎 融さん(文学部英米文学科商業貿易専攻1967年卒業)

松崎 融さんの木漆展が催されます。

ごあいさつ
あたりまえの一日が最大の喜び。
今それをつくづく思います。
私の仕事も力まず、
あたりまえの様に
造り続けたいと思う今頃です。

ぜひ皆様お出かけください。

 

 

再始動の個展 十一代 大樋長左衛門

クリックで拡大画像を開きます

日時

2020年6月3日(水)~9日(火)
※営業日・営業時間につましては、ホームページをご覧ください。

会場

日本橋高島屋S.C 本館6階美術画廊
東京都中央区日本橋2-4-1
TEL:(03)3211‐4111(代表)

 国内外で活躍されている十一代 大樋長左衛門(大樋年雄 旧姓:奈良年夫 芸術学部美術専攻1981卒業)さんの個展のご案内です。
 今展では、大樋家伝統の黒、飴の茶碗をはじめ、当代としての独自の表現にも挑戦された渾身の作品の数々が一堂に展観されます。また昨年から今年にかけて開催した日本とハンガリー、ブラジルとの修好記念展に出品した作品や現地で制作した作品なども加えて発表されます。 「造る」ということに万感の思いを込めた十一代の「再始動の個展」を、この機会にご覧ください。

【中止】能を知る会鎌倉公演

クリックで拡大画像を開きます

日時 2020年5月3日(日・祝)朝の部10:00/昼の部14:00 
会場

鎌倉能舞台

神奈川県鎌倉市長谷3-5-13(江の島電鉄「長谷駅」より徒歩7分)
入場料 5,800円(プラス1,000円でお好きなお席の指定ができます)
チケット申し込み

お申込み・お問い合わせは鎌倉能舞台まで。
電話 0467-22-5557
◎鎌倉能舞台へ
◎イープラスへ(午前の部)
◎イープラスへ(午後の部)

中止となりました。

 観世流シテ方・中森貫太さん(高等部1979年卒)の舞台のご案内です

(朝の部)10時始め
・解説 「源氏ゆかりの女性の能」中森 貫太
・能 「船辨慶(ふなべんけい)」 中森 貫太
・質疑応答 中森 貫太
前半は源頼朝と不和となり、西国(四国)へ逃げ落ちる源義経と静御前との別れ、後半は四国へ向かう船中にて遭遇する平知盛をはじめとした平家の亡霊達との戦いを描きます。
前半の主役は女性である静御前の舞、後半の主役は亡霊となった武将「平知盛」と義経の戦いが見どころとなります。

(昼の部)14時始め
・解説 「源氏ゆかりの女性の能」 中森 貫太
・質疑応答 中森 貫太

能には現代語と英文での字幕もあり、どなたでも能楽をお楽しみ頂ける公演となっております。

詳しい番組はこちら