会員より

書籍・CD情報

元素のふるさと図鑑

クリックで拡大画像を開きます

西山 孝著

化学同人 定価1,800円+税



企画・構成に関わられた一宮(富山)一子さん(文学部教育学科1979年卒)から本のご紹介です。
元素のふるさとである鉱山から元素を取りだし,素材として役立つまでの道のりを図や写真をもちいて紹介しています.鉱山開発の始めから終わりまでの地表の変化は,衛星写真で確認することができます.同時に,鉱物から元素を取りだすまでのキーワードや,どんな元素がどこにあるのか,元素の値段はどうやって決まるのかなど,経済との関係についてもイラストで図解します.さらに,中・遠未来の潜在資源の一例として,海底資源開発についても触れています.

戦時下台湾の少年少女

クリックで拡大画像を開きます

白栁 弘幸(文学部教育学科1974年卒)著

風響社 定価800円+税



元小学部教員、教育博物館 学園史料担当され、現学術研究所特別研究員の白栁先生が本を出版されました。
授業後の生徒たちからの質問を受け、中学生や高校生の歴史学習に活かせる副読本をブックレットなどの形で発行できないかということから『植民地教育史ブックレット』が誕生しました。

植民地時代、台湾は3つの集団で構成され、教育制度も分かれていた。本書は、3系統の学校生活・教師の姿・行事などを体験者から聞き取った「オーラルヒストリー」であり、生き生きとした語りから当時の実態が浮かび上がる。

社会科を中心に学びの「本質」を問う

クリックで拡大画像を開きます

鈴木 亮太(文学部英米文学科理財専攻1983年卒)編著者

日本文教出版 定価2,200円(税込)



東京未来大学 こども心理学部  特任教授 鈴木亮太さんが本を出版されました。毎年、多くの小・中学校の授業を参観し、指導をしていらっしゃる鈴木さんが「学び」について考察されています。

【推薦文】
教師を目指している皆さん、また教育現場で教師として活躍している皆さんにとっても、学力、教科・領域など学びの「本質」を問うことはとても大切なことです。本書を通して、学びを深め、子供たちの「生きる力」を育て、皆さん一人一人が持続可能な社会の担い手となることを願っています。
東京未来大学モチベーション研究所 髙橋一公 所長

ポップコーンのひみつ

クリックで拡大画像を開きます

高橋 慎司(文学部教育学科1983年卒)著

定価2,200円(税込)



湘南学園小学校教員 高橋慎司さんが、教え子のイラストレーターとコラボした物を自費出版されました。
ポップコーンを通して科学が学べる内容で、ポップコーンの原材料となる「爆裂種」という品種のトウモロコシや、水蒸気が熱せられて破裂するメカニズムを絵と文で紹介。
ご購入は下記2次元コードより



スパイスキャンプ
薫る至福のスパイス料理

クリックで拡大画像を開きます

伊藤 一城(工学部経営工学科1992年卒)著

文化出版局 定価1.980円(税込)



筆者が約3年半かけて世界48ヵ国を巡り、さまざまな料理に出会う中、とりわけ興味を持ったのがスパイス料理でした。
2003年にカフェとカレーの店「SPICE CAFE(スパイスカフェ)」をオープンし、また2021年には2号店となるスリランカ料理「HOPPERS(ホッパーズ)」を日本橋兜町にオープン。本書ではキャンプ歴40年の実体験から生まれた、アウトドアならではのスパイス料理を披露しています。

Noboru Suzuki Art Book 1
1953-2011

クリックで拡大画像を開きます

鈴木 登(高等部1972年卒)著

NextPublishing Authors Press(オンデマンド) 定価2,600円(税込)

2011年1月に逝去された画家 鈴木 登さんの初作品集です。
故人にゆかりの方々の協力を賜り、氏が残した膨大な作品を分類整理し、代表的な作品を中心に掲載いたしました(127点)。

氏が手紙に残した、画集についての一文
<画集について(鈴木 登)>
画集というものは迫力に欠ける点は不満だけれども、美術というものに目がなれるようになるという点では、とっても便利だと思います。だから出来たら自分の好きな作家の画集や彫刻の写真集(建築でも陶芸でもなんでも)を買ってきて、この題名は、木とか書いてあるけれどどこにも木なんか見当たらないとか、なんでこの肖像画の髪の毛は真っ青なんだろうかなんて考えないで、何回も繰り返し見て、それから美術館や画廊にでかけて、本物の作品を見たら、ずいぶん楽しく作品を見ることが出来るようになると思います。

2022年2月5日より限定販売されます
お買い求めはこちら(Amazonへジャンプします)
売上金は全額「子供地球基金」という団体に寄付をされるそうです。
また、鈴木さんとの絆で玉川学園高等部美術室で出逢った同期生達による、オンライン高等部展『ユズリハ・グループギャラリー』ホームページがあります。
ぜひご覧ください。

へんしん
すがたをかえるイモムシ

クリックで拡大画像を開きます

桃山 鈴子(農学部農学科1995年卒)著

福音館書店 定価1,540円(税込)

イモムシ画家の桃山鈴子こと伊藤桃子さんが本を出版されます。
身近なチョウの成長過程を丁寧に描きだします。登場するのは、モンシロチョウ、ナミアゲハ、ウラギンシジミの3種類。巻末には、チョウや変態に関する解説が添えられています。

鳥取の民話

クリックで拡大画像を開きます

酒井董美 (文学部教育学科通信教育課程1970年卒)著

今井出版 2,090円(税込)

 

島根支部長の酒井 董美(さかい ただよし)さんが、本を出版されました。
鳥取の東部・中部・西部に昔から伝わる民話90編を掲載。QRコードで総ての民話が語り手の音声で聴ける点に特徴があります。

エレクトロニクス産業の興亡
~伝統から未来へ~

クリックで拡大画像を開きます

安井(薬師)美佐子・文学部芸術学科1989年卒 著

kindle版(電子書籍) 定価1,000円(税込)

元松下電子工業の常務理事で高知工科大学の教授なども務められた加納先生の自伝がベースとなっております。
エレクトロニクス産業の日本における黎明期から、ジャパンアズナンバーワンと言われた時代の技術職の皆さんの 熱意に満ちた仕事ぶりや創意工夫、失敗からの学び、そして今の日本が陥ってしまっている家電業界の苦境など昭和から平成、令和へとエレクトロニクス産業の流れをまとめた書籍です。

1/4の魔女リアと真夜中の魔法クラス
~ひとりぼっちの魔法バトル!~

クリックで拡大画像を開きます

やすい やくし(安井(薬師)美佐子・文学部芸術学科1989年卒)著

小学館ジュニア文庫 715円(税込)

『1/4の魔女リアと真夜中の魔法クラス』第2巻が出版されました。
1/4だけ魔法つかいの遺伝子を持っているリアが、魔法クラスで行われるハロウィンの魔法バトルに挑むのですが、親友が入院してしまったり、唯一の味方に裏切られたり、 と様々な困難にみまわれてしまいます。
でも、弱い立場で必死にもがくことで運命を切りひらこうとします。

沖縄を知って三線を楽しもう(上巻・下巻)

クリックで拡大画像を開きます

渡嘉敷 政子監修・編曲・著書

美ら島書房 定価:3,300円+税

1969年~1974年まで通信教育に在学されていた渡嘉敷政子さんが本を出版されました。
子供からお年寄りまで弾いて楽しめる「独学教書」
唄い易く・弾き易く・味わい深い、「歌の解説を背景」「沖縄の歴史が学べる本」。CD付です。

音楽は脳を育む

クリックで拡大画像を開きます

塚田 稔(玉川大学脳科学研究所客員教授、玉川大学名誉教授)/著

「音楽は脳を育む」 斎藤アンジュ玉藻、塚田 稔(玉川大学脳科学研究所客員教授、玉川大学名誉教授)/著
OROCO PLANNING  定価 2,000円 (税込)

 玉川大学学術研究所 先端知能・ロボット研究センター(AIBot研究センター)キックオフシンポジウム「脳と芸術とAIの共存に向けて」にてお招きした世界的なヴァイオリニスト斎藤アンジュ玉藻さんと玉川大学脳科学研究所で世界的な研究成果を上げている塚田稔先生とのコラボで音楽の持つ癒しの力を解明。バッハ、モーツアルトの旋律に秘められたその力は、今では音楽療法に活用されています。
 塚田稔先生「脳を快く刺激し、脳内を活性化する情報は何か?についての50年にわたる私の研究では脳内神経回路網において正の相関系列(1/f特性を持つ,“うねり”のリズム)が神経細胞を強く興奮させ、そのリズムが神経細胞を介して伝搬し、学習・記憶系のシナプス結合を強めることが明らかになりました。このリズムは自然界の1/f特性リズム(海の波の音、森の風に揺れる木々の音、ホタルの光、ローソクの光のゆらぎなど)として脳に快感を与えα波が観測されることが知られています。音楽では、バッハ、モーツアルトの曲も1/f特性を持ち、人間に心地よい感覚を与えることが分かっています。したがって、音楽は脳の記憶障害、双極性障害などの精神疾患の治療やリハビリテーションに効果あると考えられます。」
 斎藤アンジュ玉藻さん演奏によるバッハのシャコンヌの旋律とともに実感してください。(本の表紙のカバーにあるQRコードからお入りください)

【お問い合わせ】
〒106-0032
東京都港区六本木6-1-20六本木電気ビル7F
OROCO PLANNING株式会社
電話 03-6364-0926 FAX 03-6685-4655
mobile:090-8811-9928
e-mail:(代表) j-admin@oroco.jp

随想 山陰あれこれ

クリックで拡大画像を開きます

酒井董美 (文学部教育学科通信教育課程1970年卒)著

今井出版 1,500円+税

 

島根支部長の酒井 董美(さかい ただよし)さんが、本を出版されました。

言語伝承の研究を続けるなか、日頃気づいたこと「あれこれ」を書き綴った連載です。
単行本化にあたって、 掲載順ではなく、9項目に分類し、適宜、同じ系統のものを集約するよう構成し直しました。

山陰の民話とわらべ歌(改訂版)

クリックで拡大画像を開きます

酒井董美 (文学部教育学科通信教育課程1970年卒)著

今井出版 1,980円(税込)

 

島根支部長の酒井 董美(さかい ただよし)さんが、本を出版されました。

2010年の発行からたびたび重版された、『さんいんの民話とわらべ歌』の新装改訂版です。新たにつけた二次元バーコードを読み込み、収録当時の伝承者の声が聴けるようにしました。

新山陰の民話とわらべ歌

クリックで拡大画像を開きます

酒井董美 (文学部教育学科通信教育課程1970年卒)著

今井出版 1,980円(税込)

 

島根支部長の酒井 董美(さかい ただよし)さんが、本を出版されました。

本書では、島根県を出雲・石見・隠岐、 鳥取県を東部・中部・西部の計6地域の民話とわらべ歌を紹介し、 それぞれに詳しい解説を加え一冊にまとめました。資料の一つ一つの話や歌についている二次元バーコードを読み込んで、収録した当時の録音音声を聴くことができるようになっています。

海士町の民話と伝承歌

クリックで拡大画像を開きます

酒井董美 (文学部教育学科通信教育課程1970年卒)編著

今井出版 1,500円+税

 

島根支部長の酒井 董美(さかい ただよし)さんが、本を出版されました。

本書の内容は海士町の「広報海士」に2010年3月号から2020年3月号まで連載したものを1冊にまとめました。また、海士町役場のホームページに掲載した当時の録音資料が搭載されており、目次の後の二次元バーコードを読み込んで、元の話や歌を聴くことができるようになっています。

おじいちゃん・おばあちゃんの孫育て読本

クリックで拡大画像を開きます

村越 晃(文学部教育学科1967年卒)著

株式会社一藝社 定価:2,200円+税

元目白大学教授村越晃先生が本を出版されました。
本書は、われわれが歩んできたこれまでの社会を振り返り、これからの生き方を問い、子どもが育つ意味をとらえていきます。そのうえで、ジジ・ババのできること、孫とのかかわり方について考えていきます。最後に質疑応答を入れ、読者の要望に応えています。

子どもの生活習慣と生活技術

クリックで拡大画像を開きます

谷田貝公昭(文学部教育学科1967年卒)著 谷田貝公昭喜寿記念編集委員会 編著

株式会社一藝社 定価:3,700円+税

目白大学名誉教授谷田貝先生が喜寿を迎えられたことを記念して刊行されました。
先生の代表的な研究テーマである子どもの生活技術と基本的生活習慣を中心に、理論と実践を踏まえた内容となっています。

国連タジキスタン監視団民政官の記録
国連ピースキーパー
「この国の和平につくして死す」

クリックで拡大画像を開きます

登丸求己(農学部農学科1969年卒)著

東京図書出版(発行) リフレ出版(発売) 定価:1,800円+税

元玉川大学文学部教授で現在、任意NGO「地球市民の平和塾」主宰、小中高校生・大学生に出前授業をされている登丸求己先生が本を出版されました。

本書は、国連タジキスタン監視団の活動実態、特に故秋野豊政務官を含む4人の襲撃死事件の真相、タジキスタン内戦の構造と国連ならび関係国による和平調停の経緯、さらに人間ピースキーパー達の危機一髪エピソードを伝えるものです。

大手町のカレーライス屋さん

クリックで拡大画像を開きます

櫻澤(栗山)香(女子短期大学教養学科1990年卒・教育学部教育学科通信教育課程2015年卒)著

セルバ出版 1,760円(本体1,600円+税)

人生の中で最も達成感を味わえるものは「仕事」。仕事の中でも、多くの人が「お店」を持って、
自分でもお商売してみたいなと考えているようだ。
本書は、これから「お店屋さん」を始めたい方に向けて、すぐに実践できる「店舗のつくり方」を紹介。
家族経営だからできる、ほっとする「店舗運営」の秘訣を、どうぞお楽しみください。