会員より

公演・展覧会情報

県民のための能を知る会 鎌倉公演

クリックで拡大画像を開きます

日時 2022年1月30日(日)朝の部10:00
会場

鎌倉能舞台

神奈川県鎌倉市長谷3-5-13
入場料 6,380円(税込)
座席指定料 1,000円
※未就学児童の入場は残念ながらお断りしております。
チケット申し込み

お申込み・お問い合わせは鎌倉能舞台まで。
◎電話 0467-22-5557
鎌倉能舞台チケット申し込みへ
イープラス

観世流シテ方・中森貫太さん(高等部1979年卒)の舞台のご案内です。

高砂【あらすじ】
肥後国阿蘇宮の神主友成は、高砂の松の根方を清める老人夫婦と言葉をかわし、松の目出度いいわれを聞く。二人は高砂住之江の相生の松の精と明かし、住吉で待つと言い置いて、小舟に乗って去る。
 後を追った一行は、住吉明神が巫に乗り移って御代万歳を寿いで、さっそうと舞う奇瑞を見る。

アート6人展 和

クリックで拡大画像を開きます

日時 2022年1月14日(金)~1月26日(水)
11:00 ~ 19:00(最終日は17:00まで)
場所

ギャラリー絵夢

新宿区新宿3丁目33-10新宿モリエールビル3F
TEL:075-752-5555

画家の辻 克己こと辻 克巳さん(文学部芸術学科美術専攻1980年卒)が、ギャラリー絵夢でおこなわれている『アート6人展 和』に出展されています。
1月22日は在廊とのことです。
ぜひお出かけください。

特別展 虫めづる日本の美

クリックで拡大画像を開きます

日時 2021年10月29日(金)~2022年1月30日(日)
10:00 ~ 17:00
休館日:毎週月曜日(祝日の場合、翌火曜日)
※急激な状況の変化により、⽌むを得ず会期・ 営業日時等を変更する場合があります。詳しくは細見美術館 公式サイトをご覧ください。
場所

細見美術館

京都市左京区岡崎最勝寺町6-3
TEL:075-752-5555
入場料 一般 1,300円 学生 1,000円

イモムシ画家の桃山鈴子こと伊藤桃子さん(農学部農学科1995年卒)が、細見美術館「虫めづる日本の美」にイモムシの展開図で出展されています。

☆ 桃山鈴子ホームページ

壽 初春大歌舞伎

クリックで拡大画像を開きます

日時 2022年1月2日(日)初日 ~ 27日(木)千穐楽 休演日:11日(火)・19日(水)
会場

歌舞伎座

東京都中央区銀座4-12-15
観劇料 1等席・16,000円
2等席・12,000円
3階A席・5,500円
3階B席・3,500円
1階桟敷席・17,000円
チケット予約 チケットホン松竹 TEL:0570-000-489 または03-6745-0888

チケットWeb松竹

市川高麗蔵こと 神辺晃さん(高等部1976年卒)が1月2日より27日まで、寿初春大歌舞伎 第二部「艪清の夢(ろせいのゆめ)」にて安藝の内侍のお役を勤められます。
艪を作る職人の清吉は、旧主人の為にある一軸の行方を突き止めたものの、手に入れるのに必要な大金を用意出来ずに困っています。その清吉が、夢の中で持ちきれない大金の使い道に困り果てる姿をユーモアに見せる事で、栄枯盛衰の人生ドラマを明るくほのぼのと描いております。
安藝の内侍は、清吉の夢の中に登場する人物で、清吉に高い位と大金を授けます。
どうぞお出かけください。

富澤祥行サロンリサイタルvol.2

クリックで拡大画像を開きます

日時 2021年12月31日(金)13:30開場(14:00開演)
会場

KUNST

神奈川県座間市相模が丘2-29-5 1階
チケット 1,000円 ※全席自由
チケット予約・問合せ ♦080-8761-4428
kunst.projekt.plus@gmail.com

[第1回玉川学園の仲間たち]でテノールを担当された、富澤祥行さん(文学部芸術学科音楽専攻1994年卒)のコンサートが行われます。
あたたかくなる簡単体操とワインかスペシャルジンジャーティー付きになります。

【曲目】
越谷達之助「初恋」
グノー《ファウスト》より「この清らかな住まい」
ブッチーニ《ボエーム》より「冷たき手」
《トスカ》より「妙なる調和」
ヴェルディ《アイーダ》より「清きアイーダ」
沢田研二「勝手にしやがれ」 他

『富澤祥行プロフィール』
玉川大学文学部芸術学科卒業。二期会オペラ研修所第54期本科修了。
「魔笛」「ラ・ボエーム」「椿姫」「カルメン」「リゴレット」「トゥーランドット」「トロヴァトーレ」「蝶々夫人」「アンドレア・シェニエ」「ロミオとジュリエット」「仮面舞踏会」「マノン」等、これまで70本のオペラ作品に主演。
普段は世田谷区千歳船橋にて整体院を開業。
ブログ:「まぁ状況で◎。富澤祥行アメブロにて」http://ameblo.jp/ajitomizawa/
やまと国際オペラ協会会員。座間市演奏家連盟員。東京室内歌劇場会員。

くるみ割り人形

クリックで拡大画像を開きます

日時

2021年12月18日(土)~2022年1月3日(月)

会場

新国立劇場オペラパレス

チケット S:13,200円 A:11,000円 B:7,700円 C:4,400円 D席:3,300円
※4歳未満のお子様のご同伴・ご入場は残念ながらお断りしております。
チケット予約・問合せ オンラインチケット
♦新国立劇場ボックスオフィス 03-5352-9999 他

東京フィルハーモニー交響楽団コントラバス奏者で芸術学部パフォーミング・アーツ学科非常勤講師の遠藤柊一郎さん(文学部芸術学科音楽専攻1992年卒業)が新国立劇場バレエ団 「くるみ割り人形」にて、12月18日~26日の期間に演奏されます。

喜寿記念 松崎 融 木漆展

クリックで拡大画像を開きます

日時

2021年12月8日(水)~14日(火)

会場

西武池袋店 6F 西武アート・フォーラム
東京都豊島区南池袋1-28-1
TEL:03-3981-0111(代表)

作家紹介 松崎 融さん(文学部英米文学科商業貿易専攻1967年卒業)

松崎 融さんの喜寿記念展が催されます。
ぜひご覧ください。

本展では、箱、盆、蓋物、椀など約100余点ご紹介されます。

 

 

富澤祥行サロンリサイタルvol.1

クリックで拡大画像を開きます

日時 2021年12月2日(木)1回目公演 12:30開場(13:00開演)
           2回目公演 16:30開場(17:00開演)
会場

KUNST

神奈川県座間市相模が丘2-29-5 1階
チケット 1,000円 ※全席自由
チケット予約・問合せ ♦080-8761-4428
kunst.projekt.plus@gmail.com

第1回玉川学園の仲間たちでテノールを担当された、富澤祥行さん(文学部芸術学科音楽専攻1994年卒)がコンサートをされます。

【曲目】
Core un‘grato    つれない心
Noël     さやかに星は煌めき
辰街道
『トスティ コーナー』
Sogno      夢
Marechiare マレキアーレ
Non t’amo più   君なんかもう
Ideale      理想の人
L’alba separa dalla luce l’ombra 暁は光から

恋の予感
積木の部屋
君は薔薇より美しい
また逢う日まで

プッチーニ オペラ「トゥーランドット」より
第一幕より Non piangere Liu 泣くなリュー
第四幕より Nessun dorma 誰も寝てはならぬ

Non ti scorda di me 忘れな草

『富澤祥行プロフィール』
玉川大学文学部芸術学科卒業。二期会オペラ研修所第54期本科修了。
「魔笛」「ラ・ボエーム」「椿姫」「カルメン」「リゴレット」「トゥーランドット」「トロヴァトーレ」「蝶々夫人」「アンドレア・シェニエ」「ロミオとジュリエット」「仮面舞踏会」「マノン」等、これまで70本のオペラ作品に主演。
普段は世田谷区千歳船橋にて整体院を開業。
ブログ:「まぁ状況で◎。富澤祥行アメブロにて」http://ameblo.jp/ajitomizawa/
やまと国際オペラ協会会員。座間市演奏家連盟員。東京室内歌劇場会員。

アカペラ アレンジセミナー
松岡由美子のこころ

クリックで拡大画像を開きます

日時 2021年11月27日(土)20:00~22:00
参加費 6,000円(学生4,000円)
※zoomを使ったオンラインセミナーになります
※当日参加できない人にも1ヶ月程度のアーカイブをご覧いただけます
申し込み

お申込みはこちらから

ボストンのバークリー音楽大学教授の松岡由美子さん(高等1976年卒)がアレンジ講座を開催します。今回は松岡さんが書いたものを数曲とりあげてその秘密(?)を公開。アレンジャーを志す方々、またアカペラを愛して止まぬ方々ぜひ、ご参加ください。11月27日20時(日本時間)からです。

第82回 一水会金沢展

クリックで拡大画像を開きます

日時 2021年11月24日(水)-11月28日(日)
10:00 ~ 18:00
  (最終日は17:00まで)
場所

金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA・B

石川県金沢市広坂1-2-1
TEL:076-220-2800 (代表)
観覧料 600円(前売券)
800円(当日券)

本展は、東京都美術館で開催された、第82回一水会展の巡回展として中央基本作品や受賞作品、地元出品作品を含む199点が陳列されます。
廣畑正剛先生(文学部芸術学科美術専攻1968年卒)が出展されます。
お近くの方はぜひご覧ください。

アンサンブルプラムス
special concert

クリックで拡大画像を開きます

アンサンブルプラムスの弦楽器メンバー山寺明子さん(ビオラ・文学部芸術専攻科1994年卒)と岡田裕人さん(チェロ・農学部農芸化学科1993年卒)に加え、ゲストで 植田彩子さん(ビオラ・高等部1990年卒)、鈴木聡子さん(チェロ・文学部芸術学科音楽専攻1995年卒)のお二人をお迎えして、シューベルトの弦楽五重奏とブラームス弦楽六重奏曲第1番を演奏いたします。

日時 2021年11月23日(火・祝)
14:00開演(13:30開場)
会場

町田市文化交流センターホール

町田市原町田4丁目1番14号
Tel:042-710-6611
チケット ¥3,000
※後日見逃し配信¥1,800 12月15日より見逃し配信およびBlu-ray/DVDレンタルにて演奏会をご覧いただくことができますので、また後日ご案内させていただきます。
※未就学児童の入場は残念ながらお断りしております。
チケット予約・問合せ EnsemblePlumオンラインチケット
♦電話03-6403-5605/株式会社S-palette(平日10時-18時)または出演者にご連絡の上、当日精算

和泉美奈子 織展
イロイロストールとマフラー2021

クリックで拡大画像を開きます


日時

 

2021年11月19日(金)~28日(日) 11:00~19:00
※最終日は17:00まで
※ギャラリー空間内が混雑した場合、入場制限をする場合がございます
会場

東京妙案

東京都港区白金台3-3-1 G&D アルケミックハウス2F
TEL: 03-3440-7626

日本とイタリアで発表活動を行うテキスタイル作家、和泉美奈子さん(文学部芸術学科美術専攻1985年卒)の個展が催されます。
水彩絵の具箱から取り出したような甘く優しい色合いをカシミア・キッドモヘアなどの素材で織りだしてみました。
是非ご覧ください。

作陶五十周年 第四十四回 窯変
松崎健 遊心展

クリックで拡大画像を開きます

日時 2021年11月18日(木)~11月24日(水)
10:00~20:00
※最終日は15:00閉場
会場

京王百貨店 新宿店6階 京王ギャラリー

松崎健さん(文学部芸術学科美術専攻1972年卒)の遊心展が催されます。

今展では、磨きをかけた「志埜」、五十年を経て生み出された白妙・游玄と銘打つ「陶塊石」のシリーズなど、花器、茶盌、水指、食器他新作七十余点を展覧いたします。
この機会に是非ご高覧ください。

県民のための能を知る会 横浜公演

クリックで拡大画像を開きます

日時 2021年11月11日(木)14:00
会場

横浜能楽堂

神奈川県横浜市西区紅葉ケ丘27-2
入場料 正面席自由席 8,030円(税込)
脇・中自由席 6,380円(税込)
座席指定料 1,000円
※未就学児童の入場は残念ながらお断りしております。
チケット申し込み

お申込み・お問い合わせは鎌倉能舞台まで。
◎電話 0467-22-5557
鎌倉能舞台チケット申し込みへ
イープラス

観世流シテ方・中森貫太さん(高等部1979年卒)の舞台のご案内です。

【鉄輪 かなわ】
 若い女に夫を取られ捨てられた女が、貴船神社に丑の刻詣(憎らしい相手の人形に五寸釘を打ち込む古代の風習)をして呪う。社人を通じて、望みのまま鬼になれると神託を告げられ家に戻る。
 一方、男は夢見を気にし、天下一の陰陽師(祈祷師)安倍晴明を訪ねる。晴明は女の恨みと見抜き、男のたっての頼みに必死の祈祷をする。
 果たして女は鬼の姿で現れ、後妻の人形の髪を打ち据え、いざ夫の命をと近寄ると、守護神に追い払われ、後日を期して消えていく。
 顔に鉄輪(五徳)を乗せ、三本の脚に火をともし、顔に丹を塗り、赤い衣を着て、この世で夫に復讐を果たすべく鬼に変身を遂げた恐ろしい女、の姿・・・・・。

県民のための能を知る会 鎌倉公演

クリックで拡大画像を開きます

日時 2021年11月3日(水・祝)朝の部10:00
会場

鎌倉能舞台

神奈川県鎌倉市長谷3-5-13
入場料 6,380円(税込)
座席指定料 1,000円
※未就学児童の入場は残念ながらお断りしております。
チケット申し込み

お申込み・お問い合わせは鎌倉能舞台まで。
◎電話 0467-22-5557
鎌倉能舞台チケット申し込みへ
イープラス

観世流シテ方・中森貫太さん(高等部1979年卒)の舞台のご案内です。

【あらすじ】平家の公達経正は、一の谷の合戦で弟の敦盛を庇って逃げ遅れ、自刃して果てる。
 経正が幼時を過ごした仁和寺ではこれを悼んで、嘗て経正に預け賜って置かれた名器青山の琵琶を仏前に手向け、管弦講(音楽葬)で供養する。
 深夜、経正の幽霊が幻のように現れ、弔いを喜んで手向けの琵琶を弾きしばしの夜遊を楽しむが、戦死者の宿命として修羅の苦患を受ける姿を恥じて、灯火に飛び入って消え失せる。

吉例顔見世大歌舞伎

クリックで拡大画像を開きます

日時 2021年11月1日(月)初日 ~ 26日(金)千穐楽
※8日(月)、18日(木)は休演日となっております。
会場

歌舞伎座

観劇料 1等席・15,000円
2等席・11,000円
3階A席・5,000円
3階B席・3,000円
1階桟敷席・16,000円
※未就学児童は、満4歳よりお一人様につき1枚切符が必要となります。
チケット予約 ◎チケットホン松竹 TEL:0570-000-489 または03-6745-08888
チケットWeb松竹
◎チケットぴあ  TEL:0570-02-9999(Pコード:508-737) 他

市川高麗蔵さんこと神辺晃さん(高等部1976年卒)が歌舞伎座にて第一部「井伊大老(千駄ヶ谷井伊家下屋敷)」で老女・雲の井のお役を勤められます。
安政7年3月3日桜田門の変の前日、個室であるお静の方を訪れた井伊直弼は彦根城外の屋敷埋木舎(うもれぎのや)で過ごした10数年を懐かしみ、国難にあたり苦悩し、その苦悩をお静に吐露するのでした。大雪の降るなか、雛飾りを前に静かに語り合う二人。
老女雲の井はそっと見守ります。(老女とは、武家や公家の奥向きに仕える侍女の筆頭である女性の事で、年寄りの女性という意味では有りません)

皆様どうぞお誘いの上、ご観劇ください。

東京フィルハーモニー交響楽団
バッティストーニの作品

クリックで拡大画像を開きます

日時

①2021年11月1日(月)19:00 第960回サントリー定期シリーズ
②2021年11月3日(水・祝)15:00 第961回オーチャード定期演奏会
③2021年11月4日(木)19:00 第142回東京オペラシティ定期シリーズ

会場

サントリーホール(11月1日)
Bunkamuraオーチャードホール(11月3日)
東京オペラシティコンサートホール11月4日)

チケット SS:15,000円 S:10,000円 A:8,500円 B:7,000円 C:5,500円
※未就学児童の入場は残念ながらお断りしております。
チケット予約・問合せ オンラインチケット
♦東京フィルチケットサービス 03-5353-9522 他

東京フィルハーモニー交響楽団コントラバス奏者で芸術学部パフォーミング・アーツ学科非常勤講師の遠藤柊一郎さん(文学部芸術学科音楽専攻1992年卒業)よりコンサートのお知らせです。

バッティストーニ/フルート協奏曲『快楽の園』~ボスの絵画作品によせて(2019)(日本初演)
I. 天地創造 II. エデンの園 III. 地獄ーカデンツァ IV. 庭
チャイコフスキー/交響曲第5番

近藤 薫と仲間たち
~弦楽の調べ~

クリックで拡大画像を開きます

日時

2021年10月17日(日)
13:15開場 14:00開演

会場

ハーモニーホールふくい 小ホール

福井県福井市今市町40-1-1
チケット 全席指定:3,000円
車いす席:2,400円
※小~大学生:半額
※未就学児童の入場は残念ながらお断りしております。
チケット予約・問合せ オンラインチケット
♦ハーモニーホールふくいチケットセンター 0776-38-8282

東京フィルハーモニー交響楽団コントラバス奏者で芸術学部パフォーミング・アーツ学科非常勤講師の遠藤柊一郎さん(文学部芸術学科音楽専攻1992年卒業)よりコンサートのお知らせです。東京フィルハーモニー交響楽団の精鋭弦楽メンバーが弦楽アンサンブルの妙をお贈りします。
ぜひお出かけください。

行近壯之助 日本画展

クリックで拡大画像を開きます

日時

2021年10月13日(水)~19日(火) 9:30~20:30(最終日15:00迄)

会場

丸善日本橋店 3階ギャラリー

東京都中央区日本橋2-3-10
TEL:03-6214-2001

日展会友・新日春展会員・京都芸術大学通信教育部非常勤講師・日本画家の行近 壯之助さん(高等部1984年卒)より個展のお知らせです。
新作の小品から150号の大作など約30点が出品されます。
ぜひお出かけください。

喜寿を祝う 松﨑融 木工展

クリックで拡大画像を開きます

日時

2021年10月8日(金)~17日(日)11:00~18:00 月曜定休
作家在廊日:会期中は全日在廊予定
※事前予約制(アポイント制)です。電話かメールにて事前予約をお願いいたします。
TEL:03-5159-0599
mail:tokyo@ippodogallery.com

会場

銀座一穂堂
東京都中央区銀座1-8-17 伊勢伊ビル
TEL:03-5159-0599

作家紹介 松崎 融さん(文学部英米文学科商業貿易専攻1967年卒業)

松崎 融さんの木工展が催されます。
ぜひご覧ください。

私の元に魯山人の織部どら鉢が来た。
水指にするので蓋をつけろ!とのこと。少々の緊張と心地良さを感じた。
私は 他の人の作品とのコラボが好きだ。
勝らず劣らずのバランスを持つことで、自分の力が測れるからだ。
今回の展示に、私の造った物達と並べてくれる様です。
                            松崎融