学友会員の活躍

公演・展覧会情報

町田de相続フェア

クリックで拡大画像を開きます

日時

2019年11月2日(土)10:00~17:00

【講演時間】
10:30~11:15
落語(立川らく次)

11:35~12:20
特殊詐欺対策セミナー(町田警察署)

12:40~13:25
相続落語(林家ぼたん)

13:45~14:30
落語(立川らく次)

14:50~15:35
心と体をいやす「手のふしぎ」(池田明子)

15:55~16:40
相続落語(林家ぼたん)

※座席数には限りがございます。

会場

町田パリオ 4Fパリオフィールド

東京都町田市森野1丁目15−13
入場料 無料
※事前申し込みがない場合、入場料¥1,000となります。
チケット申し込み

申込みはこちらから

立川らく次こと間瀬真一郎さん(文学部芸術学科1999年卒)がご出演予定の≪町田de相続フェア≫のご案内です。
相続について楽しく学べます。
ぜひお出かけください。

吉例顔見世大歌舞伎

クリックで拡大画像を開きます

日時 2019年11月1日(金)初日 ~ 25日(月)千穐楽
会場

歌舞伎座

観劇料 1等席・18,000円
2等席・14,000円
3階A席・6,000円
3階B席・4,000円
1階桟敷席・20,000円
チケット予約 チケットホン松竹 TEL:0570-000-489 または03-6745-08888

チケットWeb松竹

市川高麗蔵さんこと神辺晃さん(高等部1976年卒)が歌舞伎座にて昼の部「研辰の討たれ」に粟津の奥方のお役を勤められます。
讃岐の国江州藩の武士平井兄弟が、同藩の研屋の辰次を敵討ちするという内容です。なんとか敵討ちから逃れようと必死に逃げ回る辰次に、近代的な人間の本性の様なものを垣間みることの出来る作品です。

皆様どうぞお誘いの上、ご観劇ください。

村田紗耶香さんサイン会

クリックで拡大画像を開きます

日時

2019年10月27日(日)14:00~

場所

くまざわ書店 ペリエ千葉本店

くまざわ書店相模原店にお勤めの卒業生の方からお知らせをいただきました。
村田沙耶香(文学部芸術学科2002年卒)さんが出身地の千葉県で新刊本のサイン会を開催します.
皆さまぜひ足をお運びください。

能を知る会鎌倉公演ー能の神・鬼ー

クリックで拡大画像を開きます

日時 2019年10月25日(金)朝の部(満席)/昼の部14:00 
会場

鎌倉能舞台

神奈川県鎌倉市長谷3-5-13(江の島電鉄「長谷駅」より徒歩7分)
入場料 5,500円(プラス1,000円でお好きなお席の指定ができます)
チケット申し込み

お申込み・お問い合わせは鎌倉能舞台まで。
電話 0467-22-5557
◎鎌倉能舞台へ
◎イープラスへ(午後の部)

 観世流シテ方・中森貫太さん(高等部1979年卒)の舞台のご案内です。
 10月25日昼の部は、滅多に上演されることのない木曽を舞台としています「飛雲【ひうん】」を上演致します。前半は紅葉の美しい木曽の山奥の風景を楽しみ、後半は鬼が現れ山伏を食おうとする、という構成になっております。
 狂言は「鬼継子【おにのままこ】」という、実際に子供の人形をこどもにみたてるという珍しい演出を行う演目を上演致します。
 能には現代語と英文での字幕もあり、どなたでも能楽をお楽しみ頂ける公演となっております。
 ぜひおでかけください。

◆演目:
14時始め
・解説「能の神・鬼とは」中森 貫太
・狂言「鬼継子(おにのままこ)」山本 泰太郎
・能「飛雲(ひうん)」中森 貫太


詳しい番組はこちら

展示会 EARTHSCAPE (DESIGNART TOKYO 2019)

クリックで拡大画像を開きます

日時

2019年10月18日(金)~27日(日)
13:00~19:00 (最終日17:00)

会場

KASHIYAMA DAIKANYAMA

東京都渋谷区代官山町14-18

大蔵山スタジオ株式会社代表取締役 山田 能資(文学部英米文学科2004年卒)さんより展示会のご案内です。
東京都を舞台に開催されるデザイン&アートフェスティバルDESIGNART TOKYO 2019の代官山会場のひとつ、KASHIYAMA DAIKANYAMA 1Fギャラリーにて、伊達冠石(だてかんむりいし)を提供する工房兼デザインスタジオ「大蔵山スタジオ」とデザイナー柳原照弘氏によるプロジェクト展示を開催いたします.
皆様ぜひご覧ください。

栗原正和デュオ コンサートEREGANCE

クリックで拡大画像を開きます

日時

2019年10月11日(金)19:00開演(18:30開場) 東京公演
2019年10月13日(日)14:00開演(13:30開場) 山梨公演

場所

東京公演:渋谷ホール

山梨公演:かいじコンツェルトハウス

チケット

全席自由 ¥3,000
ペア券(2名様) ¥5,000
※当時は500円UP(全券種)
*未就学児童の入場はご遠慮ください。

予約

MK Pro 055-227-7683

ピアニストの栗原正和さん(工学部電子工学科1988年卒)のデュオコンサートのご案内です。
ヴァイオリンとピアノの珠玉の作品を集め、美しくゴージャス、そしてエレガントな楽器の音色に浸って頂きたいと思います。
皆さまぜひ足をお運びください。

VIVID BRASS TOKYO

クリックで拡大画像を開きます

日時

2019年10月10日(木)19:00開演(18:30開場)

場所

ティアラこうとう 大ホール

チケット

一般 3,500円/ 学生 2,500円

チケットお申込み

カンフェティ

PassMarket(パス・マーケット)

荒木 玉緒さん(文学部芸術学科1989年卒)と太田聡さん(芸術学科専攻課程85年終了)さんが所属するVIVID BRASS TOKYOの第21回定期公演のご案内です。

プログラム
〈第1部〉

・P.グレアム / サモン・ザ・ドラゴン
・B.アッペルモント / コラーリア
・H.ナッシュ / デメルツァ(TenorHorn Solo:原 進)
・B.アッペルモント / ブリュッセル・レクイエム

〈第2部〉

・P.スパーク / ヴィヴィッド・ブラス
・J.S.バッハ / シチリアーノ(Cornet Solo:小島圭滋)
・P.スパーク / パントマイム(Euphonium Solo:荒木玉緒)
・E.バーンスタイン / 荒野の七人
・小泉貴久 / ビッグ・バンド・ヒットパレード

皆さまぜひ足をお運びください。

第四十回記念 松崎 健 展
ー白妙と玄への挑戦ー

クリックで拡大画像を開きます

日時 2019年10月9日(水)~15日(火)
会場

阪急うめだ本店7階 美術画廊
大阪府大阪市北区角田町8番7号
TEL:06-6361-1381

作家紹介 松崎 健さん(文学部芸術学科美術専攻1972年卒業)

松崎 健さんの陶芸展が催されます。
今展では、「陶塊石」と名付けられた新シリーズが発表されます。白瓷・粉引の白と、窯変・玄人の黒をテーマに新たに創作した選りすぐりの意欲作四十点をご覧頂けます。
ぜひお出かけください。

部屋と僕と弟のハナシ

クリックで拡大画像を開きます

日時 2019年10月8日(火) ~ 13日(日)
会場

ウッディシアター中目黒


東京都目黒区上目黒2-43-5キャトルセゾンB1F
観劇料 前売り:4,800円
当日:5,300円
※全席指定 税込
チケット申し込み

sy8best_condition@yahoo.co.jp

お申込みいただくメールには
① お名前
② 電話番号
③ メールアドレス
④ お申込み公演の日時
⑤ チケット枚数
最後に 玉川学園学友会のお知らせを見た とご記入ください。

劇団K助の役者 弥山宗作さん(芸術学部パフォーミングアーツ学科2012年卒)から舞台のご案内です。
弥山さんが所属する劇団の座長オリジナル、何度も再演されている作品です。2008年、舞台『部屋と僕と弟のはなし』で文芸社ビジュアルアート「星の戯曲賞」 準グランプリを受賞されたそうです。

【あらすじ】
何の変哲もない、どこにでもある部屋。
その部屋には不思議な事に鏡が一つもなく、
その部屋には少しだけ大きな窓があった。
モノもそんなに置いていない、どこにでもある部屋。
そこには二人の兄弟が住んでいた。
その二人にはほんのちょっとの秘密があった・・・

ぜひお出かけください。

今と未来 辻厚成・辻厚志 個展

クリックで拡大画像を開きます

日時

2019年10月8日(木)~10月20日(日)
11:00~18:00

会場 ASJ TOKYO CELL
東京都港区南青山2-12-14 ユニマット青山ビル1、2、3F

東京陶芸家 辻 厚成さん(高等部1961年卒)・ご子息の厚志さんの個展が開催されます。
ぜひお出かけください。

辻厚成さんプロフィール
 1942(昭和17)年、東京生まれ。和光学園、玉川学園、メキシコ国立サンカルロス美術大学に学ぶ。9歳で光風会へ特別出品。12歳で自らの窯を持ち、中央公論社画廊で初の個展開催。以降、数多くの個展を開催する傍ら、クルマやファッションなどの分野でコメンテーターを務め、独自のライフスタイルを発信。陶芸では、個性的な厚成紅(こうせいあか)を用いた伸びやかな作品を中心に新たな陶芸の可能性を求めて活動中。
・一般社団法人日本葉巻協会代表理事
・イタリアよりアミーコ・デル・イタリア賞受賞
・シャンパーニュよりサーブルドール騎士団シュヴァリエ騎士爵位称号叙勲
・エス・テー・デュポン ジャポン 親善大使

能を知る会鎌倉公演ー宗教劇としての能ー

クリックで拡大画像を開きます

日時 2019年10月7日(月)朝の部10:00/昼の部14:00 
会場

鎌倉能舞台

神奈川県鎌倉市長谷3-5-13(江の島電鉄「長谷駅」より徒歩7分)
入場料 5,500円(プラス1,000円でお好きなお席の指定ができます)
チケット申し込み

お申込み・お問い合わせは鎌倉能舞台まで。
電話 0467-22-5557
◎鎌倉能舞台へ
◎イープラスへ(午前の部)
◎イープラスへ(午後の部)

 観世流シテ方・中森貫太さん(高等部1979年卒)の舞台のご案内です
 朝の部は、鹿児島の先にある流島「鬼界島」に流され、ついぞ帰ることの許されなかった男の悲哀と絶望を描いた名曲、「俊寛【しゅんかん】」を上演致します。三人のうちひとりのみ取り残される旨を察した男が、何度も許状を見返す様、最後まで船にすがりつく姿など、かなり演劇的な曲です。歌舞伎にも同名の演目があるほどの人気曲となっております。
 狂言は野村萬斎師によります、苞(藁に包んだ弁当)を巡って山伏の活躍する演目、「苞山伏【つとやまぶし】」を上演致します。
 昼の部は、清水寺の観世音菩薩を称える「田村【たむら】」を上演致します。
 前半、主役であるシテは少年の姿で現れ、清水寺の来歴や観世音菩薩について語り示した後、清水寺からの桜の景色を讃えます。後半は征夷大将軍坂上田村麻呂の亡霊が甲冑姿となり、鈴鹿山の蛮族を討ち取った様を舞い示すという構成となっており、前後半に渡って見どころの多い曲となっております。
 狂言は、演者が笛を吹かなくてはならない珍しい曲「吹取【ふきとり】」を上演致します。

 能には現代語と英文での字幕もあり、どなたでも能楽をお楽しみ頂ける公演となっております。
 ぜひおでかけください。


詳しい番組はこちら

通し狂言 天竺徳兵衛韓噺(てんじくとくべえいこくばなし)

クリックで拡大画像を開きます

日時 2019年10月2日(水)~ 26日(土)12:00開演(16:00終演予定)
但し、11日(金)・18日(金)は16:30開演(20:30終演予定)
※開場は開演の45分前の予定です。
会場

国立劇場

観劇料

特別席 11,000円(学生7,700円)
1等A席  9,800円(学生6,900円)
1等B席  6,400円(学生4,500円)
2等A席  4,900円(学生3,400円)
2等B席  2,700円(学生1,900円)
3等席  1,800円(学生1,300円)

【10月1日以降】
特別席  11,200円(学生7,800円)
1等A席 10,000円(学生7,000円)
1等B席  6,500円(学生4,600円)
2等A席  5,000円(学生3,500円)
2等B席  2,800円(学生2,000円)
3等席  1,800円(学生1,300円)

チケット予約

TEL:0570-07-9900
国立劇場チケットセンター

市川高麗蔵こと 神辺晃さん(高等部1976年卒)が10月2日より26日迄、「天竺徳兵衛韓噺」に梅津奥方・葛城のお役を勤められます。
将軍足利義政の重臣佐々木桂之助の家中、梅津掃部の奥方で、徳兵衛の妖術を破るための重要な役割を果たします。
どうぞお出かけください。

HOT一息コンサート

クリックで拡大画像を開きます

日時 2019年9月28日(土)
1st stage 11:00(10:40 open)
2st stage 15:00(14:40 open)
会場

アトリエ ミセラニアス

東京都町田市玉川学園5-27-5
Tel:042-726-4246
※会場には駐車場はございませんので恐れ入りますが徒歩でお越しください。
チケット 2,000円  
※各stage 35名まで
※お茶付き
お問い合わせ&チケット予約 アトリエ ミセラニアス tel:042-726-4246

フルート奏者 遠藤 まりさん(高等部1987年卒)からコンサート「HOT一息コンサートVol.24」のお知らせです。

エコ素材で出来た吹き抜けのギャラリーでトークを交えた聴き馴染みの曲とクラシックで、ホッと一息HOTな気分になって頂きたいと続けているコンサート。
今回はフルートとピアノに加えて温かい音色が魅力的なファゴットとのアンサンブルもあり、聴き馴染みの曲からクラシックの王様ベートーヴェンまで多彩にお送りします。
皆様ぜひお出かけください。

第2回ひだまり 三人展

クリックで拡大画像を開きます

日時

2019年9月26日(木)~30日(月)11:00(初日は13:00から)~18:00(最終日は16:00まで)

会場

全労済ホールB1F スペース・ゼロ 展示室
渋谷区代々木2-12-10
TEL:03-3375-8741(代)

作家紹介 米田澄子さん(染色 元中学部家庭科教諭)・
増田正雄さん(日本画 元中学部部長・美術教諭)・
斎藤芳樹さん(バードカービング 元中学部体育教諭)

セカンドライフでそれぞれ制作を楽しむ元中学部の先生方が、2年ぶりに ひだまり に集い作品展を開きます。
ぜひお出かけ下さい。

第81回 一水会展

クリックで拡大画像を開きます

日時 2019年9月19日(木)ー10月5日(土)
  9:30 ~ 17:00
  (最終日は13:00札止め14:00閉会)
休館日なし
場所

東京都美術館(ロビー階、第1・第2・第3・第4展示室)

台東区上野公園8-36
TEL:03-3823-6921(代表)
観覧料 800円(学生無料)

第81回 一水会展に卒業生の作品が展示されます。

廣畑正剛さん(文学部芸術学科美術専攻1968年卒)
五味久男さん(文学部芸術学科美術専攻1975年卒)
津矢田豊子さん(文学部芸術学科美術専攻1972年卒)
脇 裕さん(文学部芸術学科美術専攻1977年卒)
芝田順子さん(文学部教育学科1969年卒)
小沼秀夫さん(文学部芸術学科美術専攻1986年卒)
広瀬 範(良範)さん(文学部芸術専攻科1981年卒)

7名の卒業生の出展です。皆さまぜひお運びください。

=その他の会場=

<大阪展>
期日:2019年11月19日(火)-24日(日)
会場:大阪市立美術館

<名古屋展>
期日:2019年12月3日(火)-8日(日)
会場:愛知県美術館ギャラリー

<金沢展>
期日:2019年11月27日(水)-12月1日(日)
会場:金沢21世紀美術館

お近くの方はぜひご覧ください。

アリックさんでクレヨン展+とむさんのおはなし展

クリックで拡大画像を開きます

日時

2019年9月18日(水)~23日(月・祝)
11:00~18:00(最終日16:00まで)

会場

ギャラリーこもれび

西宮市中島町3-26
TEL:0798-77-4888

西宮のギャラリーにて小田敏行(農学部農学科1994年卒)さん、聡恵(女子短期大学幼児教育科1992年卒)さんご夫妻が個展を開かれます。

皆さまぜひお出かけください。

彩蘭弥展 − 祈りを旅する −

クリックで拡大画像を開きます

日時

2019年9月17日(火)~28日(土)
12:00~19:00 (最終日12:00~17:00)

会場

藤屋画廊

東京都中央区銀座2-6-5 藤屋ビル2階
TEL:03-3564-1361

日本画家 彩蘭弥(あらや)こと高橋彩さん(中等部2010年卒)が第3回目の展覧会を開催されます。

≪彩蘭弥さんより≫
画材は全て日本画で制作しました。和紙に岩絵具、金箔や銀箔、金泥を用いています。また、3ヶ月間の京都滞在で学んだ水墨画や、截金という金箔を細く切って文様を施す技術などもふんだんに使いました。高さ160cm以上の大作から色紙サイズまで、バラエティー豊かな作品25点と現地で取材したスケッチ14点、スケッチブック等を展示致します。
彩蘭弥は全日在廊しておりますので絵を前に、その絵にまつわる旅のお話などさせていただけたら幸いです。

皆さまぜひお出かけください。

能を知る会東京公演「仲光」運命の子~悲痛の舞~

クリックで拡大画像を開きます

日時 2019年9月14日(土)14:00
会場

観世能楽堂

東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 地下3階
入場料 正面席8,000円/脇正面・中正面席6,000円(プラス1,000円でお好きなお席の指定ができます)
チケット申し込み

お申込み・お問い合わせは鎌倉能舞台まで。
電話 0467-22-5557
◎鎌倉能舞台へ
◎イープラスへ
◎チケットぴあへ

 観世流シテ方・中森貫太さん(高等部1979年卒)の舞台のご案内です
 上演頻度が少なく、主君と親子、ふたつの絆に苛まれた末に我が子を斬る、という現代社会に生きる我々にはあまり理解しがたい内容となっておりますが、物語はよくできており、能の中でもかなりわかりやすく劇的な内容となっております。
 狂言は似たような読み方をします「長光【ながみつ】」を野村萬斎師に上演いただきます。太刀をとんでもないやり口で奪おうとするすっぱと、そうはさせじと持ち主の田舎者が抗う様がこっかいな演目です。
 能には現代語と英文での字幕もあり、どなたでも能楽をお楽しみ頂ける公演となっております。
 ぜひおでかけください。


詳しい番組はこちら

たまがわ ドリームバンド 第17回定期演奏会

クリックで拡大画像を開きます

日時

2019年9月7日(土)
開演14:30(開場14:00)

会場

狛江エコルマホール

入場無料

玉川学園で吹奏楽に親しんだ卒業生による楽団です。
田中旭先生(元女子短期大学教授)、三浦 博司(文学部教育学科1972年卒)さんが指揮をされます。

≪プログラム≫ 
オリンピック・ファンファーレとテーマ(ロサンゼルス五輪)
”ニュールンベルグのマイスタージンガー”より 第1幕への前奏曲
メキシコの祭り


皆さま、ぜひ足をお運びください。

遠藤裕人・遠藤愛 二人展「砥部・白磁 と色釉のうつわ」

クリックで拡大画像を開きます

 会 期  2019年9月4日(水)~10日(火)
10:00~20:00(6日(金)・7日(土)は20:30まで、最終日は17:00閉場)
 会 場 

新宿タカシマヤ 10階和食器

東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 TEL:03-5361-1111

遠藤裕人さん(文学部芸術学科1981年卒業)、愛さんの作品展です。
会期中、全日在場されるそうです。

 力強さと繊細さを持ち合わせる「砥部・磁土」でつくる、シンプルモダンな作品は、さり気なく暮らしに寄り添いリビングや食卓で美しい景色をつくりだします。
ご高覧頂けますと幸いです。