会員より

公演・展覧会情報

四月大歌舞伎

クリックで拡大画像を開きます

日時 2022年4月2日(土) 初日~ 27日(水)千穐楽
※11日、19日は休演日
第一部:11:00開演
第二部:14:40開演
第三部:18:20開演
会場

歌舞伎座

東京都中央区銀座4-12-15
観劇料 1等席・16,000円
2等席・12,000円
3階A席・5,500円
3階B席・3,500円
1階桟敷席・17,000円
※1階桟敷席での、お茶のサービスはございません。又、お座席でのお食事はお控えくださいませ。4階幕見席の販売はございません。
※未就学児童は、満4歳よりお一人様につき1枚切符が必要です。
チケット予約 チケットホン松竹 TEL:0570-000-489 または03-6745-0888

チケットWeb松竹

市川高麗蔵こと 神辺晃さん(高等部1976年卒)が4月2日より27日まで、歌舞伎座第二部「荒川の佐吉」に隅田の清五郎のお役で出演されます。
昭和7年真山青果により、十五代目市村羽左衛門の為に書かれた新作歌舞伎です。
腕の立つ大工だった佐吉は、やくざの世界に憧れ、鐘馗の仁兵衛の子分となりますが、縄張りを奪われた落ちぶれた親分とその家族の面倒をみながら、一家を立て直していきます。任侠の世界をのしあがった男の生き様が描かれています。
清五郎は、佐吉の親分である鐘馗の仁兵衛の娘と恋仲の若者です。
ぜひご覧ください。

「ガンガとメコンの国の手織り布 vol.3」

クリックで拡大画像を開きます

日時

2022年4月1日(金)~6日(水)
12:00~19:00(展示最終日は16:00まで)

場所

神楽坂フラスコ
東京都新宿区神楽坂6-16

PONNALETを主宰する江波戸 玲子さん(文学部外国学科1980年卒)から展示会のご案内です。
今年で3回目となるTullaさんとの合同展
今年もラオス、カンボジアの手織り布と、Tullaの布が繋がって、 ガンガとメコンの大地に春を呼ぶ風のような、いきいきとした半幅帯になりました。 帯に合わせて草履やバッグもTullaの布で仕立てたものが揃います。
PONNALET×Tullaならではのコーディネートをお楽しみください。

第77回 春の院展

クリックで拡大画像を開きます

日時

2022年3月23日(水)~4月4日(月)
10:00~19:00(入場は各日終了30分前まで)
※最終日は17:00まで
※そごう横浜店の営業時間に準じます

会場

日本橋三越本店 本館7階 催物会場
東京都中央区日本橋室町1-4-1
TEL:03-3241-3311

入場料 一般800円/大学・高校生600円[中学生以下無料・税込]

春の院展のご案内です。

玉川学園ゆかりの作家4名の入選作品が出展されております。
・『杜鵑花(祈り)』出口直介さん(文学部芸術学科美術専攻1984年卒/院展院友)
・『名残雪』石村雅幸さん(文学部芸術学科美術専攻1988年卒/院展特待)
・『彩り』杉山 紅さん(文学部芸術専攻科1996年卒、院展院友)
・『静謐』村上里沙さん(高等部1989年卒/院展院友)

詳細は、三越伊勢丹ホームページをご覧ください。

アンサンブルプラムス
第1回山梨定期公演

クリックで拡大画像を開きます

日時 2022年3月19日(土)
14:00開演(13:30開場)
会場

山梨県キングスウェルホール

山梨県甲斐市下今井2446
Tel:0551-20-0072
チケット ¥2,500 全席自由席
※演奏会前のお料理のご予約・電話でのご予約は0551-20-0072(キングスウェル)まで
チケット予約 EnsemblePlumオンラインチケット
♦電話0551-20-0072/キングスウェルホール

アンサンブルプラムスの弦楽器メンバー山寺明子さん(ビオラ・文学部芸術専攻科1994年卒)と岡田裕人さん(チェロ・農学部農芸化学科1993年卒)が出演されるコンサートのご案内です。
素晴らしい響きの中で生演奏をお楽しみください。

<プログラム>
第1部~クラシック~
モーツァルト作曲 フルート四重奏曲 第1番
ブラームス:ピアノ四重奏曲 第3番
第2部~懐かしの昭和歌謡曲~
銀河鉄道999
津軽海峡・冬景色
プレイバック2・横須賀ストーリー 他

ポンナレットのきもの日和Ⅱ

クリックで拡大画像を開きます

日時

2022年3月18日(金)~28日(月)
11:00~17:00(展示最終日は16:00まで)

場所

okeba gallery & shop
神奈川県茅ヶ崎市香川7-10-7

PONNALETを主宰する江波戸 玲子さん(文学部外国学科1980年卒)から展示会のご案内です。
ミナペルホネンの特別な布で仕立てた、貴重な半幅帯と名古屋帯もお披露目します。
どうぞポンナレットの着物と帯で、日々の暮らしをお楽しみください。

『会期中のイベント』
①3月24日(木)”お着物で撮影&蔵元ランチ” 定員10名
料金:6,000円(税込)
②3月25日(金)”半幅帯の楽しみ方講座&蔵元会席” 定員12名
料金:6,000円(税込)
【ご予約・お問合せはokeba gallery & shopまで】
お名前、お電話番号、ご返信用メールアドレス、ご参加人数を添えてご予約下さい。
TEL:0467-50-0252(11:00~17:00)
e-mail:okeba@kumazawa.jp

PONNALET

春暁2022特別公演

クリックで拡大画像を開きます

日時 2022年3月12日(土)~26日(土) ※3月6,7,8,9,10日は中止
会場

浜松 アクトシティ浜松 大ホール 他

入場料 各会場にて異なります。こちらよりご確認ください
チケット申し込み

各会場にて異なります。こちらよりご確認ください

杵屋佐喜さんこと武藤文彦さん(芸術学科表現コース2005年卒)が、【中村勘九郎・中村七之助 春暁特別公演2022】にて 長唄 演奏メンバーとして全国16ヶ所に伺います。一部公演日に変更がございますので、下記よりご確認ください。
詳細はこちらから
ぜひご覧ください。

春を待つうつわ展

クリックで拡大画像を開きます

日時

2022年3月12日(土)~21日(月・祝)
会期中無休

場所

足利乾ギャラリー
栃木県足利市通5丁目3190-1

栃木県の乾ギャラリーにて”春を待つうつわ展”が開催されます。
玉川大学で陶芸を学んだ同窓を中心にした展覧会です。ぜひご覧ください。
【出品作家】
井上惠介(文学部芸術学科美術専攻陶芸コース1986年卒)
大川和宏(文学部芸術学科美術専攻陶芸コース1994年卒)
筒井童太(文学部芸術学科美術専攻陶芸コース1989年卒)

県民のための能を知る会 横浜公演

クリックで拡大画像を開きます

日時 2022年3月9日(水)14:00
会場

横浜能楽堂

神奈川県横浜市西区紅葉ケ丘27-2
入場料 正面自由席 8,030円
脇・中自由席 6,380円
座席指定料 1,000円
※未就学児童の入場は残念ながらお断りしております。
チケット申し込み

お申込み・お問い合わせは鎌倉能舞台まで。
◎電話 0467-22-5557
鎌倉能舞台チケット申し込みへ
イープラス

観世流シテ方・中森貫太さん(高等部1979年卒)の舞台のご案内です。

伊勢物語を題材に、母の我が子に対する情愛を描いた名曲「隅田川」を上演致します。国を渡って子を追うために平民から当時の賤業であう”狂女”に身をやつす母。その母が隅田川を渡るために渡し守に所望されて芸を見せる場面、渡し守による人商人に連れられた幼子が命を落とす顛末の語り、その幼子を弔うための法要の大念仏、念仏の力により奇跡的に命を失った我が子との再会を果たす母、しかしそれさえも夢幻であり涙に暮れる母、と見所の多い名曲となっております。
ぜひご覧ください。

彫刻家・絹谷幸太によるアーティスト・イン・レジデンス

クリックで拡大画像を開きます

日時

2022年2月5日(土)~3月13日(日)

場所

奈義町現代美術館
岡山県勝田郡奈義町豊沢441

彫刻家 絹谷幸太さん(高等部1992年卒)のアーティストレジデンスが始まっています。
アーティストレジデンスとは、作家がその地に滞在して公開制作やワークショップをしたりと地域住民と触れ合うイベントです。 ぜひご覧ください。
絹谷幸太小作品展
期間:2月6日(日)~3月13日(日)
場所:奈義町現代美術館エントランス周辺(再開館後~)
   奈義町立図書館(3/6までは町内の方のみ利用可能)
   多世代交流広場「ナギテラス」

紀尾井 明日への扉 第28回
斎藤優貴

クリックで拡大画像を開きます

日時 2022年3月4日(金)19:00開演(18:15開場)
場所

紀尾井ホール

チケット

全席指定 一般 3,000円 U29 1,000円

チケット予約

紀尾井ホールウェブチケット

ドイツを拠点に欧米で注目を浴びているギタリスト 斎藤優貴さん(中学部2013年卒)のコンサートのご案内です。
詳しくはこちらから

【曲目】
モレーノ=トローバ:組曲《スペインの城》~〈モンテマヨール〉、〈マンサナレス・エル・レアル〉、〈トリハ〉、〈レダバ〉
ソル:幻想曲第7番 op. 30
武満徹:すべては薄明の中で~第4曲
藤倉大:チャンス・モンスーン
藤元高輝:秋の三貫握り

三月大歌舞伎

クリックで拡大画像を開きます

日時 2022年3月3日(木) 初日~ 28日(月)千穐楽
※3月10日、22日は休演日
第一部:11:00開演
第二部:14:40開演
第三部:18:30開演
会場

歌舞伎座

東京都中央区銀座4-12-15
観劇料 1等席・16,000円
2等席・12,000円
3階A席・5,500円
3階B席・3,500円
1階桟敷席・17,000円
※1階桟敷席での、お茶のサービスはございません。又、お座席でのお食事はお控えくださいませ。4階幕見席の販売はございません。
※未就学児童は、満4歳よりお一人様につき1枚切符が必要です。
チケット予約 チケットホン松竹 TEL:0570-000-489 または03-6745-0888

チケットWeb松竹

市川高麗蔵こと 神辺晃さん(高等部1976年卒)が3月3日より28日まで、歌舞伎座第二部「河内山(こうちやま)」に宮崎数馬のお役で出演されます。
ぜひご覧ください。

未来へつなぐ陶芸ー伝統工芸のチカラ 展

クリックで拡大画像を開きます

日時 2022年1月15日(土)~3月21日(月・祝)
10:00~18:00(入館は17:30まで)水曜日休館
場所

パナソニック汐留美術館
港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4階

チケット

一般:1,000円  65歳以上:900円 大学生:700円
中・高生:500円 小学生以下:無料
※日時指定予約券が必要です

チケット予約

パナソニック汐留美術館 来館予約

日本工芸会陶芸部会が2022年に50周年を迎えることを記念して、現代陶芸の展覧会が開催されています。
人間国宝から若手作家まで、日本のやきものの美を堪能いただける展覧会に徳澤守俊さん(農学部農学科1969年卒)の焼締朝鮮唐津水指と小山耕一さん(文学部芸術学科美術専攻陶芸コース1983年卒)の彩色正燕子六稜鉢が展示されています。
詳しくはこちらから

CADAN×ISETAN MEN'S : Seasonal Cohabit ~Winter & Spring~

クリックで拡大画像を開きます

日時 2021年12月1日(水) ~ 2022年3月28日(月)
会場

伊勢丹新宿店メンズ館1階・2階・4階・6階

東京都新宿区新宿3-14-1

彫刻家の飯沼英樹さん(文学部芸術学科美術専攻1998年卒)の作品が、伊勢丹新宿店メンズ館とCADAN(一般社団法人日本現代美術商協会)2021年のコラボレーションプロジェクトの第3弾「Seasonal Cohabit~Winter & Spring~」に展示されています。
「Seasonal Cohabit」とは、違う者同士が、平和に一緒に過ごす、暮らす持続可能な多様性を尊重する社会を想う造語。飯沼さん(SNOW Contemporary)の作品は2階メンズクリエーターズに展示されています。
ぜひご覧ください。

詳しくはこちらから

光の競演

クリックで拡大画像を開きます


日時

 

2022年3月1日(木)~6日(日) 11:00~18:00
※最終日は17:00まで
会場

アートギャラリー884

東京都文京区本郷3-4-3 ヒルズ884 お茶の水ビル 1F.
TEL: 03-5615-8843

日本とイタリアで発表活動を行うテキスタイル作家 和泉美奈子さん(文学部芸術学科美術専攻1985年卒)がイタリア仲間の磁器作家 若林和恵さんと二人展を開催されます。
春から初夏にかけて楽しめるストール・マフラーPRIMAVERAシリーズをカシミア・麻・シルク等上質のイタリアの素材をいかし、地中海の暖かいやさしい風をお届けできたらと思います。
ぜひご覧ください。

陶四人展

クリックで拡大画像を開きます

日時

2022年3月1日(火)~6日(日)
10:00~19:00(最終日は17:00閉場)

場所

桃林堂 青山店
東京都港区北青山3-6-12

昨年、玉川大学・玉川学園学友会 文化・芸術展に出展された、陶芸家 工藤順子さん(文学部芸術学科美術専攻1984年卒)より展覧会のご案内です。
東京藝術大学陶芸研究室同窓による四人四色の展覧会です。
ぜひご覧ください。

東京フィルハーモニー交響楽団
2022シーズン定期演奏会

クリックで拡大画像を開きます

日時

①2022年2月24日(木)19:00 東京オペラシティコンサートホール
②2022年2月25日(金)19:00 サントリーホール
③2022年2月27日(日)15:00 Bunkamuraオーチャードホール

会場

東京オペラシティコンサートホール(24日)
サントリーホール(25日)
Bunkamuraオーチャードホール(27日)

チケット SS:15,000円 S:10,000円 A:8,500円 B:7,000円 C:5,500円
※未就学児童の入場は残念ながらお断りしております。
チケット予約・問合せ オンラインチケット
♦東京フィルチケットサービス 03-5353-9522 他

東京フィルハーモニー交響楽団コントラバス奏者で芸術学部パフォーミング・アーツ学科非常勤講師の遠藤柊一郎さん(文学部芸術学科音楽専攻1992年卒業)よりコンサートのお知らせです。

指揮:井上道義
ピアノ:大井浩明
エルガー/序曲『南国にて』
クセナキス/ピアノ協奏曲第3番『ケクロプス』*(1986)〈クセナキス生誕100年〉日本初演
ショスタコーヴィチ/交響曲第1番

ショスタコーヴィチ、第1番の交響曲は、彼が19歳の時の秀作。
この時点で、既にショスタコーヴィチの香りがプンプンしている作品です。
クセナキスのピアノ協奏曲第3番は、日本初演。希少もの!
エルガーの「南国にて」は、彼がイタリアを訪れた際、アラッシオという避寒地での情景に感化を受けて作られた作品。

水谷川優子チェロ・リサイタル シリーズVol. ⅩⅣ

クリックで拡大画像を開きます

日時 2022年2月19日(土)14:00開演(13:30開場)
場所

紀尾井ホール

チケット

全席指定 一般 5,000円 学生券 3,000円

チケット予約 コンサートイマジン 03-3235-3777(10〜18時/日・祝休)

イープラス

 

『水谷川優子 チェロリサイタル・シリーズ Vol.14』に渡辺克己さん(中学部1981年卒)が出演されます。
第1部
 トーク~近衛秀麿とR.シュトラウス
 菅野冬樹(「戦火のマエストロ 近衛秀麿」著者)× 渡辺克己(ナレーター・俳優・演出家)
第2部  リヒャルト・シュトラウス:
 ロマンツェ へ長調 AV.75
 楽劇「ばらの騎士」よりワルツ・シークエンス第2番 TrV227a
 交響詩「ドン・キホーテ」よりフィナーレ(ヴィルナー編)
第3部
 チェロ・ソナタ へ長調 Op.6 ほか

きものは愉しい―普段着の着こなし

クリックで拡大画像を開きます

日時

2022年2月13日(日)~20日(日)
10:00~16:00(水曜休み)

場所

伊佐ホームズ・駒沢住宅
東京都目黒区東が丘2-13-25

PONNALETを主宰する江波戸 玲子さん(文学部外国学科1980年卒)から展示会のご案内です。
PONNALETの提案する日常のなかでの着物の愉しみと、PONNALETがこれまでに収集してきた貴重なカンボジアの伝統的な絵絣「ピダン」の世界をご紹介いたします。
ぜひご覧ください。

PONNALET

GUP特別ワークショップ「パーソナルブランディング講座」

クリックで拡大画像を開きます

お問い合わせはGUP 事務局:gup.secretariat@gmail.comまで

日時 2022年2月12日(土)15:00~16:30
会場 Zoom
※ 詳細メールはご登録後、GPU事務局よりご案内申し上げます
入場料 無料

芸術学部非常勤講師、LANDOR & FITCH エグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクターの大島 由久先生(文学部芸術学科美術専攻1991年卒)の「パーソナルブランディング講座」のご案内です。
大島さんは、お菓子や牛乳などで知られる明治、渋谷スクランブルスクエア、三井アウトレットパーク、カルピスソーダなどの企業をはじめ、身近な商品から商業施設まで様々なブランディングにおける総合ディレクションを行なっている、ブランディングの専門家です。

「米国大使館と玉川学園に取り持って頂いたGUP主催の高校生限定ワークショップ。夢に向かって頑張る皆さんの後押しが少しでもできれば嬉しいです」と大島さん。

また、GUPの運営メンバーに玉川大学教育学部教授・玉川大学国際教育センター長の大谷千恵さん(大学院文学研究科教育学専攻<修士課程>1995)が関わっていらっしゃいます。

ブランド概論を含めながら、ブランディングのプロセスを学び、未来の自分作りに役立ててください。

詳しくはこちらから

第46回公募展 秋耕展

クリックで拡大画像を開きます

日時 2022年2月9日(水) ~ 21日(月)
※2月15日は休館日
会場

国立新美術館 3階展示室3B

東京都港区六本木7-22-2


文部科学大臣賞・受賞作品「阿吽~つむぐ~」

笹原隆雄さん(文学部芸術学科美術専攻1983年卒)が一般社団法人秋耕会・第46回秋耕展(後援;文化庁・東京都)において最高賞である文部科学大臣賞を受賞されました。
【笹原さん経歴】
東京農業大学第三高校 教諭・3年12組担任・美術部漫画研究部顧問
埼玉県美術家協会会員 彫塑・秋耕会運営委員

ご来場の際は下記、国立新美術館の”ご来館のお客様へのお願い”をご確認の上ご来場をお願いいたします。
国立新美術館ホームページ ご来館のお客様へのお願い